海へ!①

 一年に一度は娘のムユとサチャに、コタカチ以外の
エクアドルのきれいなところを見せたいね、ということで、
ムユの冬休みを利用して、今年は海に行くことにしました。

 地図を眺めていくことにしたのは、エスメラルダス県の
サメの海。(鮫にあらず。アクセントは前に!
←わかる人にはわかるこの懐かしさ、古さ。)
一番近いアタカメはどうも汚いイメージなので、ちょっと
離れたところに。

 しかし金銭的にも、時間的にも、本当に行けるかどうか
きわめて微妙な状況だったので、ホテルを取り始めたのは、
実は前々日。もういっぱいでなかなかホテルの予約が取れない。
大人だけだったら、別に車で寝ちゃえと思うけれど、
ちびっ子二人もいるとなかなか難しいので、せめて初日分だけでも、
とあっちこっち電話をかけて、ようやく部屋が取れました。

 取れたのは、ドイツ語なまりの人懐っこいおばさんのホテル。
「お部屋からビーチが見えますよ。」
ひょっとして、オーシャンビューというやつですか?
いやっほー!
いやがおうにもテンションは上がります。

 そして出発。あまりちゃんとした地図がないこの国では、
道を見つけるのもちょっとした苦労。とりあえず北へ行ってから、
西に向かうと見当をつけてから、明け方出発しました。
そして案の定、道に迷い、道行く人々に細切れに聞きながら
なんとかエスメラルダス県のサン・ロレンソへの道を
見つけました。

画像


画像

↑象牙の代替品になる、タグアヤシ。
素敵なアクセサリーになるけれど、あまりに
ぶわーっと植わっていたので、少し心配に。

 昔、サン・ロレンソに行ったときよりもはるかに
道の状態がよくてびっくりしました。そしてこの西へ向かう道は
下り坂で、どんどん空気が熱く、湿ってくるのを感じました。

画像


画像

↑途中で、ココナッツのジュースを飲むムユ。コタカチを
出たときは寒かったので、長袖を来たムユは暑さに耐えられず、
前をはだけている。

画像

↑エスメラルダス川。ここから海岸際を南下して、
アタカメを通って、サメへ。

 コタカチを出て6時間、いよいよ海に!

画像



>>続く。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

しほ
2011年02月01日 11:25
ひさしぶり~
この記事読んでて、エクアドルは赤道直下の国だと思い出したよ!
標高が低くなるにつれてむんむん暑くなるんだもんね。当たり前の事だけど、なんだか不思議よね・・・。
エクアドルの海といえば、私にとってはわだっちと一緒にいったあの海だが、うーむ思い出せない!!なんて名前の都市だったけ?
しかしちゃんとした地図がないということに衝撃!
日本にいると聞きなれない言葉よねぇ・・・
ていうかちゃんとした地図がある国のほうが、実は少ないのかしら?!
カーナビなんて夢のまた夢ね・・・

ところで先日病院からメールしたんだけど届いてるかな?返事がないので気になってたの。
その後無事退院して、もう少しで会社にも復帰できそうなところまで回復しました。
今回はいろいろと大変で、正直辛かったんだけど・・・
でも、じっと耐えれば明けない夜はないということですかね。
昨日抜糸と抜ホチキスしたんだけど、抜ホチキスの傷口が割りとばっくりしていて、見たらぐっときて血の気がひいたけど、これまた気を持ち直して頑張ります~
わだっちも、家族の皆さんも体には気をつけてね。
では~

JACK DANIEL'S
2011年02月08日 11:26
はじめまして、お邪魔します(?)ブログにコメントするの初めてで、ドキドキしています。
私はキトに住んでいます。私の実家は日本で兼業農家をしており、家庭用ですが 減農薬で、お米や野菜を作っています。(近隣の農家さんの関係で、完全な無農薬にはできないそうです)
卵も烏骨鶏を飼育して、薬を使ったものをなるべく食べないように(両親のおかげで)してきました。
今、スーパーで買っている食品に不安を感じていたので、あやさんのブログを見て、いろいろ考えさせられました。うーん…
それから、日本と同じものがないと不満を持つのではなく、自分で作ったり、工夫をすることを面白がってできるようになりたい…ではなくて、なるぞ!と思いました。
野菜…あやさんの所まで、買いに行けたらいいのに…(涙)週末は、コタカチの近くによく行くので、いつかゲットしに行かせてください。
薬を使わない農業は、仕事量が多く、大変だと思います。私の母は、若いときに無理をしすぎて 体を壊しました。(余計なお世話と思いますが・汗汗)あやさん気をつけてくださいね!
はじめてお邪魔して、長々と失礼いたしました。
少しずつ 楽しく読ませていただきます。
沢山元気をいただきました!ありがとうございます!!
ワダアヤ
2011年02月08日 13:16
しほへ

 一緒に行った海は、バイーア・デ・カラケスだよー。あっちの方がうちからは遠いのです。キトから8時間だから、うちからだと10時間くらいになるかしら。
 地図は、精密なのは、こちらは軍の施設にしかないの。え、軍?ってちょっとびびっちゃうよね。
 体、大丈夫かなー。大切にしてねー。
ワダアヤ
2011年02月08日 13:24
JACK DANIEL'Sさんへ

 こんにちは!はじめまして!キトにお住まいなのですね?
ブログを読んでくださって&素敵なコメントありがとうございます。楽しそうに書いていますが、どっちかと言うとシャレにならないほど大変なことや失敗の方が、はるかに多いので、ポジティブなコメントは大変励みになります!ありがとうございます!
 キトにいらっしゃるのであれば、私たちの師匠が毎週水曜日にラ・フロレスタに出店されてます。うちの野菜よりもずっとすばらしい野菜たちが並んでますよ~。カロリーナ公園にも毎月第三日曜日に、私たちの仲間がフェリアをやってるはずです。まだ私は行ったことがないのですが、いろいろ出てておもしろそうです。あ、でもコタカチにいらっしゃるのであれば、ぜひ遊びに来てくださいませ。

 
JACK DANIEL'S
2011年02月09日 04:49
わああ!お返事&情報ありがとうございます。せっかく教えていただいたのですが、主人の都合で、木曜日と(キト)土、日曜日(オタバロ方面)しか動けないんです。
残念(><。)週末キトにいることもあるので、第3日曜日いたら、ぜひお伺いしたいと思います。
何を目印にあやさんのお知り合いを探せばよいですか?
新しい土地で暮らす(子育ても!)だけでも大変なうえに、開墾しながらの農業(しかも有機)さらに、泥棒や強盗等の危険なこと、理不尽なこと満載のこの国での、あやさんのチャレンジ、本当に尊敬します。
シャレにならないことが続くと、人間って笑っちゃうんだなって、エクアドルへ来て知りました。
今日も外務省まで行きましたが、待たされるだけ待たされて、また話も聞いてもらえませんでした(涙)滞在期限明日までなんですけど… 話がころころ変わる役所と、のんびり屋な主人に(怒・怒)です。
この週末は、コタカチに行きます。用事があっていくので、時間があるかまだ分からないのですが、もし余裕がありそうでしたら、連絡してもよいですか?
あの…コタカチでボンボを作っている方がいらっしゃるみたいなのですが、ご存じないですか?
先週末近くまで行ったのですが、場所が分からず。。
また今週末トライします。
もしご存じだったら、教えてください!
あたたかいお返事ありがとうございました!
JACK DANIEL'S
2011年02月09日 04:56
PS.絵文字を使ってみたら、変な所に入っちゃってました。慣れないことはするもんじゃないですね。すみません、よくわからないことしちゃって。
またお邪魔させていただきます。では~
ワダアヤ
2011年02月10日 07:43
JACK DANIEL'Sさんへ

 こんにちは。エクアドルの生活の洗礼をばっちり受けていらっしゃいますね。でもそれを乗り越えたら、いろいろ見方が変わって、エクアドル生活も楽しくなってくると思います!(願望)
 ぜひいらしたらご連絡ください。赤ちゃんがいるので、私もあまり動けないのですが。ボンボって、あの太鼓のことですか?だったら、超知り合いがやってます。すごいノリのよいおじさんが作ってます。
wadaaya0515☆gmail.com
(☆を@にかえてください)
までご連絡くださいませ。
verde
2011年02月12日 00:57
はじめまして。SISAYファンで、その関連から辿り着きました。お住まいのところって、もしかしてSISAYメンバーの故郷にあたる地域なんでしょうか?
SISAYやその音楽に触れたエピソードなどがあれば折々紹介して下さるととても嬉しいです。これからの時期、メンバーがそちらにに帰国して日本での活動がお休みになって寂しくなります…よろしくお願いします☆
ワダアヤ
2011年02月12日 07:22
verdeさん

 こんにちは。コンタクト、ありがとうございます。
 数ヶ月前、Sisayのリーダーさんのルイスさんとみやさんが、かわいいお子さんたちを連れて、我が家に遊びにきてくださいました。キチュアと日本人のハーフのお友達ができて感激でした。
 ただ、大変申し訳ないのですが、Sisay情報には疎くて、あまりよく知らないのです。Sisayメンバーのほとんどの方は、おそらくお隣のオタバロ出身ではないかと思います。唯一ちゃんと知っているメンバーは、コタカチ出身のルイス・タビくんで、彼の家族とご懇意にさせていただいていますが、Sisay情報とは言えませんね。ごめんなさいです。
 こちらでのコンサートに行く機会があればレポートさせていただきますね。
verde
2011年02月12日 15:07
お返事有難うございました。
へぇ~ そうなんですか… メンバー、またそのご家族と交流がおありなんですねー それではなおさらあや様もSISAYの音楽を是非是非!! 
ケーナ、サンポーニャ、ボンボなどそちらの民族楽器の深い音色に懐かしさみたいなものを覚えます。太古ラテンに住んでいたかのような…
ブログを拝見していて、エクアドルの子供たちの輝いた純粋な眼に触れると安穏な世の中を願わずにはおれません…支援活動などあれば協力させていただきたいです。 
ワダアヤ
2011年02月13日 11:28
Verdeさんへ

 こんにちは。おっしゃるとおり、ケーナやサンポーニャには懐かしさと同時に宇宙的な深さを感じます。自分でふけるようになりたいものです。

 今、住んでいるコミュニティーは、キチュア民族の方々の村ですが、下水道がありません。衛生的にも環境的にも大問題なので、うちでも使っているドライコンポストトイレの導入を、今、がんばっています。このことも、そのうちブログにあげたいと思っています。その他にも、いろいろコミュニティーでできることをやっていきたいと思っています。よろしくお願いします!

この記事へのトラックバック