お出かけとほほ

 先週の日曜日、珍しく出不精の私がお出かけモードに
なりました。

 そこで出かけたのは、インバブラ山の麓にある湖、
サン・パブロ。パンアメリカンが、湖のほとりを通るので、
よく見る湖ではあるのですが、山側に行ったのは、初めて。

 モーターボートが出ていますが、私たちは埠頭に出ただけ。
モーターボートって、音もうるさいし、水が汚れるので、
どうも気が進みません。

画像

↑期せずして、おそろいのストライプの私と娘ムユ。

 ということで、湖に流れる川で水遊び。

画像


画像

↑娘サチャにとっては、はじめての(事務手続き系以外の)お出かけ。

画像


 ルナ・トゥパリという、コミュニティー・ツーリズムの会社で
ガイドをしているパートナーのエクトル曰く、近くに
有名なアシエンダのレストランがあるというので、お昼ご飯は
そこにしました。(しかし送ったことがあるだけで中に
入ったことはないエクトル。)

画像

↑素敵な外観。

 アシエンダ・クシン。アシエンダというのは、大農園のこと。
昔は、大勢の先住民が長らく詐取され続けた歴史があるので、
抵抗があるのですが、ここは有機栽培をやっているということで、
興味をそそられました。

 高いだろうとは思っていましたが、定食が一人16ドル…。
いや、今の円高からすると、千円ばかりで大したことないと
思われるかもしれませんが、日本と比べると物価がだいぶ安い、
その辺の定食が1ドル50セントで食べられるエクアドルで
16ドルというのは、感覚的には、千円の3、4倍、
つまり三、四千円くらい払っている気分になるわけです。
定食と言っても飲み物も別だし、エクトルの目が、
険しくなっているのがわかります。
おまけにサービス料も消費税も別~。

画像

↑いかにも高そう。乳母車を入れてはいかんと言われ、
ちょっとかちん…。

 ここで出るのは、しかし、勇気がいるし、なんとなく
せっかくのお出かけに、水をさす感じ。清水の舞台から
飛び降りる覚悟で、注文しました。

 前菜が伊勢エビのなんちゃら(覚えていない)。
スープがアスパラガスのクリームスープ。主菜が川魚。
そしてデザートがリンゴの甘煮。

 はっきり言って、私たちにとっては、16ドルの価値はない。

 スープは、○ギーのスープの素だと思われるし、川魚も
ちょっと生臭かったし、リンゴの甘煮もふーん、というお味。
こういう場所で大盛りは望めないにしても、量も全体的に
少なすぎる。お会計にもものすごーく時間がかかったし、
見た目はゴージャスで重厚な感じでしたが、中身はない…。

 合計45ドルも払ったからには、とばかりに、今
作り途中の家の参考になるようなものはないかとばかりに
写真を撮りまくるエクトル。

画像


画像

↑しかし内装は私たちの好みにあらず。

 ま、結論を言うと、このアシエンダが悪いというよりも、
私たちの暮らしの形に合わないところだったのですね。
分不相応に見えたのに、それでも入りたいと言って、
入ったのだから、これ以上文句は言わないようにしよう、
45ドルは勉強代だったんだ…とひとりごちながら、家路に
つきました。

 しかし!それでは済まなかったのです。

 生まれて初めて伊勢エビを食べたムユにじんましんが!!!
最初、何かわからず、ひょっとしたら湖で遊んでいたときに
いっぱい刺されたのかもと思い、氷で冷やしたりして、
かゆみを押さえようとしました。翌朝は、もう赤みが
消えていたのでほっとしたところ、その夕方再び全身に
虫さされのあとのようなぽつぽつが!
こりゃ、ダメだと思って、病院に行くはめに。

 レストランや伊勢エビのせいというよりも、私が5歳の子に
与える食べ物に無頓着すぎたからきたとは思うものの、
45ドルも払って、こんなことになるとは…。

ムユ「まみー、また、くしん、いこうね!」
…いくわけないじゃん…。

 とほほのお出かけでした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

もめん
2010年09月18日 21:27
あ~大変でしたね~。大事に至らず良かったです。

大人の食事を…小さいうちから食べるのが悪いのかって、つくづく思います。

命に関わるくらい大変なアレルギーも有るようなので、本当に怖いですよね。

でも、母の作る料理が一番美味しかったな~。

今、この味覚は子供の時に…培ったものだから…。
あの頃、手作りの料理を食べさせて貰った親に、今では感謝しています。

エクアドルに限らず…日本…世界中…母の愛は偉大です。

自然と調和して…頑張ってるあやさん!大変だけど、お母さんの味を食べさせてあげて下さい。

でも無理せず…時には手抜きしてね。

そして、発酵食品も食べて…免疫力をつけて下さい。

ではまた。
yurika
2010年09月20日 16:51
いや、わかるね~。大人たち都合で無理した後の落としどころを自分の中で探してると、こども達に何か起きるの… 

ムユちゃん、大丈夫だった?さっちゃんも母乳通して何もなかったかね。 

うちはなつきがアレルギー反応結構あって、ちょっとおっかなびっくりの秋です。
ワダアヤ
2010年09月20日 22:50
もめんさん
 いつもコメントありがとうございます!
 発酵食品は、できるだけ食べるように心がけていますが、それを思う度に、日本食はすんごい!とつくづく思います。エクアドルでは、チチャやチャンプスと呼ばれる甘酒みたいな飲み物くらいしかないです。世界各国それぞれ発酵食品はあるのだと思いますが、生まれ育った日本のご飯の発酵食品はやはりすばらしい!とつくづくこの遠いエクアドルで思うのです…。
ワダアヤ
2010年09月20日 22:57
yurikaへ
 コメントどうもありがとう。
 そうなの。サチャにも母乳を通じてなんか大変なことになってしまわないかと焦ったのだけれど、なんともなかったようで、ほっと一安心。でも、ほんと赤ちゃんって自分で言えないし、見た目だけではわからないことがあるので、ヒヤヒヤものです。いつもアンテナはってないと。
 なっちゃんも1歳だね。家族も、自分たちも健康第一でやっていきましょう!
もめん
2010年09月21日 11:35
エクアドルにも、家庭料理で、何か無いのかな~?。

ぬか漬けひとつで、発酵食品になるんだけどね…。

エクアドルには…米ぬかは、有りませんよね?。
納豆もオーブンの低温(60度くらい)で、乾燥させて…砕いて入れて…ぬか味噌風にして…。
(意外と納豆菌って、強いから、ぬか床が長持ちするけど…冷蔵庫に保管して下さい。)

しかし…納豆がないよね~。

そんな感じで、何かぬか床が作れるといいんだけど…。
なんか無いかな?。
豆とお芋とコーンで…って、言うとやっぱり、お酒だねぇ。
お酒を使って…お塩と野菜で…奈良漬け風に…。これも、酔っ払いになるかな?。
ワダアヤ
2010年09月22日 11:42
もめんさん
 ふたたびありがとうございます。
 そうですねぇ、この辺では、本当に飲み物しか見当たりません。
 今ハマっているのが、みそ+ヨーグルトのぬかみそもどきです。母のアドバイスでやり始めたのですが、うちでできたかぶ、大根、きゅうり、にんじんなんかをつけておくと、本当にぬかみそのよう!でももんのすごいいきおいでおみそがなくなるので、要注意!なのです。
 

この記事へのトラックバック