おうち木曜市 ~アースデー・スペシャル~

 土曜市をしばらくやっていたのですが、平日がよいという声があったのと、
うちで売るだけでは、市の中心部にいる人たちが、来ることができないので、
ぜひ宅配をという声があったので、木曜日におうち市をやって、金曜日に
配達をやってみようということになりました。

 木曜日があたる4月22日は、折しもアースデー。地球のことを考える日。
私にできることを考え、行動してみる日。

画像

↑一応気分を盛り上げるために…。

 その日に、また新しいことを始めてみることにしました。

 野菜とともに、エクアドルで作られたオーガニックカカオを使った、
エクアドル人によって作られたチョコレートも販売してみることにしました。

画像


 このチョコレートは、サリナスという、ここから7、8時間ほどの距離にある
ボリーヴァル県の教区のひとつです。この教区は、「区」という広さなのに、
標高500mくらいから4000mまで。だから標高の低いところでは、カカオが
採れるのです。そして教区の中心地は、標高3600mほどで、とっても寒い。
そこはチョコレートを作る環境としては申し分ありません。ただ、近年、
カカオの需要に供給が追い付かず、他の県から、有機オーガニックカカオを
取り寄せています。

 大事なのは、エクアドルで採れたものを、エクアドルで加工すること。
質の良い、しかし安めの第一次産品を、外国へ輸出してしまい、加工された
ものを、エクアドル人が逆輸入するのではなく、エクアドル人の手で
加工することで、お金がエクアドル人の手元に残ります。
日本にも、このフェアトレードチョコレートを輸出しており、高い評価を
得ています。

 興味ある方は、スローウォーターカフェにお問い合わせくださいね。
日本でしか扱っていないチョコもあります!オイシイですよ。

 ちなみにこの教区では、チョコレートの他、チーズ、毛織物、セラミック、
ハーブ、ドライキノコ、ハム・ソーセージなどの肉の加工品などたくさん
扱っています。

 中でもチーズはとってもおいしく、私はしょっちゅう購入しています。
サリナスの生産者グループは、サリネリート(=サリナスっ子)といいます。
El Salinerito

 さて、ちょっと話がずれましたが、木曜市。ついでに手作りパンも売って
みました。

画像

↑おお、なんと無骨なパン。オーブンをなんと4回分焼いたので、
超疲れた…。
 
 野菜はそこそこですが、パンもチョコレートもよく売れました。
(野菜を売るのが、メインなので、パンとかチョコだけだとちょっと…。)

 来てくださる方は、ほとんどコタカチ在住の外国人の方々。

画像


画像

↑ちょっと試食用に、パン&レモンカード・ニンジンジャムも。

 マジョリティーはアメリカ人。会話は全部英語です。そうなると
対応は全部ワタシ…。今は、まだエクアドル人で来てくださる方は
いらっしゃいません。

 理想は、エクアドルの、コタカチの人々が、生産者との距離を
縮めながら、地元の有機野菜や安全な食品を消費してくださること。

 アースデーに、地域の有機野菜、無添加のパン、エクアドルの
有機カカオを使った、エクアドル人によるフェアトレードチョコレートを。

 これが今日の私たちにできることかな。

 ちょっとずつ、ちょっとずつ。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック