インタグ地方⇔アンデス地方

 インタグ地方は、私が住むアンデス地方と同じコタカチ郡にありながら、
標高が低く(500m~)温暖な亜熱帯気候で、アンデスとは全く違う
気候です。

 ということで、採れるものもまるで違う。仲の良い家族のホセとソニャは
うちに来るたびに、インタグで採れるものを持ってきてくれます。

画像

↑ユカイモ、バナナ、プランテイン(火を通さないと食べられないバナナ)

画像

↑なす(!!)とレモン。ナスは大きくて、若干大味だけど、
贅沢を言っている場合ではないので、超うれしい。
パートナーのエクトルも娘ムユも食べてくれないけれど…。
ちなみに彼らの周りでも、喜んで食べるのは私くらい
らしいです。

 レモンはうちくらいの標高でも採れますが、皮の厚さが薄く、
よりジューシーです。

 いつも代わりに、インタグでは採れない、というよりも採りにくい
ニンジン、キャベツ、レタス、ズッキーニなどの野菜をおみやげに。
気候が暑いせいか、葉はぼうぼうに生えますが、葉ものは
肉厚すぎて、食べづらいし、実は大味になりがちなのだそうです。

 こうして、小規模農家同士、食べ物を交換し合って、お互いの食卓を
豊かにしていきます。これも一種のコミュニティーだなぁと思います。

 ナスで何作ろう。ふふ。

 この記事を書きながら、ナス好きの由里佳のことを思い出しました。

 昔、「自分を野菜に例えるとなんだと思う?」という不思議な質問を
ふっかけてきました。そして「うーん、アヤはねぇ、いつも自分の味を
失わないからトマトかな」と断定していました。そしてナス好きの自分を
「ナス」と言ってました。

 懐かしい、あの頃。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック