テーマ:

コミュニティープロジェクト⑨ ~まず提案~

 協力してくれるメアリーと何度も話し合いを重ねました。  メアリーは、「コミュニティーが本当にやりたいかどうかが 大事」という。  私自身の経験から言うと、提供すれば誰も拒まないだろうとは思う。  コンポストトイレにもマイナス点はある。 場所もかさばるし、やはり面倒くさい。コンポストを溜めておく場所も さることな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コミュニティープロジェクト⑧ ~再始動~

 久しぶりにコミュニティーのこと。  前回書いてからだいぶ経ちました。  ずっと足踏みをしている状態でしたが、私たちがずっとやりたいと 願っていたことのチャンスがやってきました。  私たちが住む村、エル・バタンには、下水道がありません。 ほとんどの家のトイレは「ぼっとん」です。ぼっとんでも、 ちゃんと処理して機能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断水DAYS ~ありえない III~

 前回のと話が前後してしまいましたが、母が遠い距離を超えて、 産後のヘルプにエクアドルまできてくれました。  着いたのが8月11日の水曜日の深夜。木曜日から、日本から 担いできてくれた食材を用いて、母がエプロンをつけ、 さぁ、ごはん作り!(ワクワク)…と思ったら…  水が出ないっ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクアドルの水の法律案

 つい先日まで、エクアドル全国規模で、新しい水の法律案に 対しての先住民による抗議運動が激化していました。 全国的に交通網が麻痺していました。  抗議のポイントは: * 大統領によって長官が任命される「水専任機関 (Autoridad Unica del Agua)」が大きな権限を持ち、このことから 時の政権によって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ありえない II

 「ありえない」ことは続きます。  その後、自治体に赴き、知事宛の、憲法・水の法律の、「水の権利は 何人も奪うことができないし、放棄もできない」の記述が入ったレターを携え、 アポイントを取りに行きました。  そうしたらなんと$1.25かかるというのです。  市民の話を聞くのに、というか、手紙を受け取るのに、お金を取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありえない

 エクアドルに住んでいると、いろいろ「ありえない」ことが起ります。  今日も、ありえないことがありました。まったくもって言語矛盾していますが、 そうとしか表現できないことです。  うちには3つ水資源があります。 ① 郡の管理下にある生活用水。 ② 村の管理下にある灌漑用水。 ③ 雨水タンク。(灌漑用)  ①は私…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

霧の森

 半年ぶりくらいにインタグに行ってきました!  インタグでも今年はかなり雨は少ないそう。作物にはある程度 あるものの、森や水源地には十分とはいえず、先行きが不安なところ。 雨らしい雨はずっと降っていなかったそうです。  その雨らしい雨がやっとふったインタグに私たちは行ってきました。  しっとりとしたIntag Cl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いがけないプレゼント

 私たちの農園にスプリンクラーを導入することにしました。  というのも、それまでは、雨水タンクの水をくみ上げ一部スプリンクラーを 使っていましたが、それ以外は、ワチョ(畝)毎に、灌漑用水路から 水を引いて、水を流していました。こうすることで、葉ではなく、 土、ひいては根に直接水をやることができるからです。しかし やってみな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水のちから

 先日、去年亡くなったお友達のエメリーの一周忌のミサがあったので ムユと一緒にインタグに行ってきました。私はカソリックでは ないので、教会には少し抵抗があるのですが、エメリーのために 祈ってきました。   そしてムユとエル・ミラグロへ。  エル・ミラグロの発起人のアンニャさんいわく、エル・ミラグロに ふんだんにあるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水のフォーラム IN コタカチ

 9月末日、今度はコタカチで水の(法律)フォーラムがありました。  参加者は、主催者側が想定していたよりも多く、急きょ、 場所移動から始まりました。  内容は概ね、今度の水の法律について、企業の私有化の問題と 環境への影響の問題について話されました。 話されたと言っても、新しい水の法律には、これこれ 問題があ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水のフォーラム IN インタグ

 前回書いた水の法律に関するストライキに先駆けて、インタグで、 「水と多様性のフォーラム」がありました。  インタグのプカラというところで行われました。 これはDECOIN(Defensa y Conservacion Ecologica de Intag)が 毎年オーガナイズしているフォーラムです。 ↑第4回イン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エクアドルの水の法律

 現在、エクアドルでは、新しい水の法律が可決されようとしており、 それに伴い、それ反発する人々、特に先住民たちによる、ストライキが 各地で起こっています。南部では、死者も出ました。  エクアドルでは、1970年代まで、水はほぼ、アセンダード (大農園主)が所有し、それ以降にようやく、「発展」を目標とする 一般的な農業の使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私にとっての「エコ」II (水編2)

 次回は…と書いておいて、次回に当たる前回は違うこと書いていました。  さて、うちでやっている水を大切にするコト。やってみたら、案外 おいしいことがたくさんありました。  ここに越してきたとき、ここにはボロボロの家がありましたが、 下水道はありませんでした。下水道を引く作業、手続き、資金などを 考えるとそれだけでクラク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私にとっての「エコ」I (水編①)

 私たちの農園「クリキンディ」では、できるだけエコロジカルな、 循環型のライフスタイルを目指しています。  エクアドルにきてから強烈に感じているのは、モノが回るように しないと生きていけないなということ。  通常、植物などの有機物は、地に落ちて、朽ちて、それが他の 植物の栄養になり、また芽を出し、葉、花、種をつけて…。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more