テーマ:いのち

迷いハチドリ

 うちの猫のカシータが、パティオでやたらバタバタしていました。  カシータの目線を追うと、なんとハチドリが迷い込んでいました。 私たちの農園クリキンディは、キチュア語で、ハチドリを意味します。  早く逃がしてあげなければ、と思いつつ、どうしても写真を撮りたくて、 写真をあわてて撮りました。(スミマセン…。でもだって、ハチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲 VII

 今朝、娘ムユにお願いしました。  「むーちゃん、スープに入れるから、パセリ採ってきて」  「あの、ふゆちゃんみたいなやつ?(日本語)」  ふゆちゃんみたいなやつ?    わかりました。パセリがこんもりしているのが、雲みたいに 見えたのでしょう。  そうか、土にもフユがいるのか。なんだか、本当にどこにでも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲 VI

 昨年の今日のことでした。  私たちのフユが空に還ってしまいました。  男の子かも、女の子かもわからないままだったけれど、 でもなんとなく男の子だったと思います。  きっとこの大空で元気よく翔けまわっていることでしょう。    悲しいことだったけれど、それは、少しずつ和らいで、 愛情だけが残っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲 V

 あまりに美しい雲と月を見ました。  うまく撮れなくてちょっと悔しいけれど、肉眼で見た月と雲は本当に 美しくて、こころがふるえるような気がしました。  こんなふうな美しい雲を見ることができると、少し安心します。  私たちのフユはきっと元気だって。フクちゃんもね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

私の雲 IV

 夕焼けがきれいだったので、写真を撮りました。  そうしたらムユが、  「ふゆちゃん、あちちになっているかもしれないね(日本語)」  赤く染まった雲を見て、そういいました。    虹も垣間見えました。    おんなじ風景で、間1分もたたないのに、こんなに違う表情が。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物園

 前前からムユと一緒に行きたいなと思っていた場所が あります。それは動物園。10月の末に行ってきました。  うちからキトへ行く道筋にあるのですが、動物園に行くためだけに 行く気にならず、しかし今回は夜中にキトにいないといけなかったので、 朝遅めに家を出て、動物園に寄ってから、キトへ行こうということに なりました。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コタカチ「ほっと」スポット

 「生物多様性ホットスポット」という言葉をよく使います。  これは、生物多様性が極めて豊かな一方で、破壊の危機に 直面している地域を差します。コタカチ郡インタグ地方も このうちの二つのホットスポットに入っています。  でも、今日書きたいのは、私の中の「ほっとする」スポット。 ちょっと重たい気分になった土曜日、娘ムユと一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲 III

 今日は雲が多いなぁ、ソーラーシャワーは無理かなー と思って、空を見上げていたら、娘ムユが、 「おそらにふゆがいっぱいいるね!(日本語)」  それだけで曇り空が、素敵なものに見えました。  そうやって見ると、なんてきれいな雲かしら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水のちから

 先日、去年亡くなったお友達のエメリーの一周忌のミサがあったので ムユと一緒にインタグに行ってきました。私はカソリックでは ないので、教会には少し抵抗があるのですが、エメリーのために 祈ってきました。   そしてムユとエル・ミラグロへ。  エル・ミラグロの発起人のアンニャさんいわく、エル・ミラグロに ふんだんにあるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水のフォーラム IN インタグ

 前回書いた水の法律に関するストライキに先駆けて、インタグで、 「水と多様性のフォーラム」がありました。  インタグのプカラというところで行われました。 これはDECOIN(Defensa y Conservacion Ecologica de Intag)が 毎年オーガナイズしているフォーラムです。 ↑第4回イン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

山が燃えている。

 エクアドルでは、全国的に乾季には焼畑が行われます。  古い時代から、焼畑をすると、新しい草が生えてくると言われ、 それを現在でも行っている人はたくさんいます。世界中で 行われている焼畑の是非は、地域によっていろいろあるとは思いますが、 私の解釈では、地中の微生物を殺してしまう、地中・地上・空気中の 水分を蒸発させてしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲 II

 きれいな雲を見ると、私たちのフユを思いだします。 エクアドルでは、きれいな雲に会えることが多いです。 昨日も会えました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日が大切なお誕生日

 昨日は、ボランティアのまおちゃんの 誕生日でした。  しかし、ろうそくを立てたケーキを見て、 娘ムユが激怒。自分以外の誰かが自分のうちで スペシャルなことをしてもらっている。自分の お気に入りのろうそくを使っている。 こうしたことがムユに琴線に触れ、大泣きが 始まりました。  私はせっかく、まおちゃんが、エクア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきた家族

 以前書きましたがいなくなっていた猫、ミシが見つかりました。 ビニールハウスでうろうろしていたところを 娘ムユが見つけました。そしてパートナーのエクトルが 抱っこして連れてきたのです。  新猫カシータに慣れてしまっていたせいで、 ミシが巨大に見えて、しかも記憶の中のミシとは違く 見えました。  いやいや、ミシに間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かぼちゃ

 かぼちゃが採れました。  娘ムユが、持ち上げ、  えいっ。  割れました。  きれいな黄色。ほくほくのおいしそうなかぼちゃ。  ムユは、このかぼちゃを割ってみて何を思っただろう。 種から植えて、葉っぱが出てきて、少しずつ大きくなっていった実。 生きているからこそ、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい家族

 うちにはミシという猫がいました。キチュア語で「猫」を意味します。 響きがかわいくて、私は気に入っていたのですが、キチュアの 人からすれば、猫を「ネコ」って呼ぶようなもので、キチュアの人からは よく笑われました。  でも、あるとき、うちの犬のフィオナにかみつかれ大ゲンカ(?)し、 パニックに陥り、うちのパートナーのエクトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べることについて VI ~鶏のさばき方~

 うちの鶏さんたちが、年をとってきたので、つぶしていただくことにしました。  一人ではできないので、うちの家づくりを手伝ってくれている マエストロの手を借りることに。  マエストロ曰く、足の後ろ側の5本目の指(?)が出てきたら 老いている証拠だそう。オス一羽、メス二羽いましたが、 みなさんそんな様子。卵も産まな…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

 最近、工場などの施設内で野菜を効率的に育てる 「野菜工場」の記事をよく目にします。  室内で、蛍光灯を当てて、栄養分を含んだ水で 水耕栽培しているのだそうです。その蛍光灯の光の色で、 形や色、大きさまで管理できるとか。  国産で、農薬を使わず(だから「有機」!)、細菌の数も 少ないから、安全志向の消費者たちに人気が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べることについて II ~アンデスの食事~

 またまた食べることについてです。  今回はアンデスのごはんについて。  パートナーがキチュア農村部出身ということもありますし、 仕事柄、農村部に行って、そこでご飯をごちそうになることが 多いです。  彼らのメインはトウモロコシ。トウモロコシをそのままゆでて 食べることはもちろん、保存してある干したものを揚げたり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

食べることについて I ~ベジタリアンについて~

 エクアドルに住むまでは、私はかなりの肉好きでした。 今は、完全なベジタリアンになったわけではありませんが、 お肉は、週に一回食べるか食べないかくらいです。  最初、エクアドルに来たとき、コタカチ・エコロジー・センター というボランティアがたくさん集まるところに住むことになったのですが、 そこがなんと、ベジタリアン・ハウス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の雲

 今年の一月。今から3か月ほど前に、実はとても悲しいことが ありました。  私は、ムユの弟か妹を身ごもっていたのですが、 その子は空に還ってしまいました。そのときのことは、 生々しくて書けないのですが、私はその子にフユという 名前をつけようと思っていました。  「フユ」はエクアドル先住民の言葉のキチュア語で、 「雲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤ちゃんが生まれたよ。

 実に久しぶりのブログです。もっとアップしないと誰にも 見てもらえなくなりそうなので、もっとがんばります。  我が家には3匹わんちゃんがいたのですが、つい先日、一匹ジャックという 名前のわんちゃんは車に轢かれて死んでしまいました。ううう。 うちに泥棒が入って、毒を食べさせられたときも生き延びたのに。 胡桃の木の根元に埋めて…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

3歳になりました。

 私たちには娘がひとりいます。名前はムユ。  ムユは、こちらの先住民族の言語、キチュア語で「種」を意味します。  一粒でたくさんの実をつける種のような、いつでも芽を出し、 花を咲かせることができる種のような生命力を持ってほしいという 願いを込めて、つけました。あとおまけに種をまく人にもなってほしいな、と。  さて、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

お母さんのお乳と人口授乳

 昨日来た仔牛さんたちにはじめての乳やり。  近所の牝牛がいるお宅にお願いして、しぼりたてのお乳を もってきてもらうことになっていたのだけれども、 朝9時になってももってきてくれない。昨日きた赤ちゃんたちは、 お母さんおなかから出てきて約2時間後に、一度お母さんの お乳をのんだきりで我が家に来ているので、おなかはすいている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

誕生日プレゼント

 今日は私の誕生日。もう誕生日がさしてうれしくもない年齢に なっているけれども、今日はすごいプレゼントをもらいましたっ。  それはなんと仔牛2頭。  …と言っても、実は誕生日のためにパートナーの エクトルが買ってくれたわけではまったくなく、 たまたま今日生まれたという牛を今日連れてきたのです。    現在、私たちの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more