テーマ:食ライフ

久しぶりのパン作り

 ウスターソースができて、コロッケが食べたい、でもパン粉がない、 パン粉にするパンがない、パンもだいぶ作ってない、そして ダメ押しで、娘ムユがパン食べたいというのでパンを久しぶりに 作ることにしました。  材料は、粉(全粒粉と薄力粉半々)と塩と砂糖とイースト菌と ぬるま湯のみの、シンプルレシピです。  これを…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

イモ掘り

 南米アンデス地方はジャガイモさんたちの原産地。    エクアドルにも数多くのジャガイモがあります。でも、残念ながら、 農薬がたっぷり使われているし、種類も、どんどん減ってきています。 同じ種類ばっかりを植える。 →それを好む虫がわんさかやってくる。 →だから、農薬をたっぷり使う。 →さらに農薬に対して耐性を持つ虫が現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスターソースを作る

 昨年末、自作のウスターソースがなくなってしまったので、 また再び作ることにしました。こういうものを作るときは 大量に作ります。友人のやっちゃんが、あやがどうやって ウスターソースを作ったのか興味津津、ブログ見てみるね、 と言ってくれたので(嬉)、書いてみました。  今回の材料は、トマト、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくりすぎ。

 ブラック・ラズベリーのジャムを煮た日、なぜかモーレツに ドーナッツが食べたくなり、急きょ作ることに。雨の日って なぜか何か甘いものが食べたくなります。  私は手作りをいろいろするようになってから、同じ作るんだったら、 あるいは食べるんだったら、なんか栄養がないと損だなと思うように なってしまった貧乏性。  そこで、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エクアドルフルーツ:ブラックラズベリーのジャム

 久し振りの雨。ここのところ雨季なのに、全然雨が降らず、 水不足が深刻なので、恵みの雨といったところ。  しかし、とはいうものの、せっかくの土曜日(明日市場に 行かないから、収穫仕事もなし!)なのに、なんとなく もったいない。ということで、娘ムユと長靴を履いて傘をさして お散歩に出かけました。  お散歩というほどの距…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクアドルフルーツ:タクソの蜜とジュース。

 ある日、娘ムユが、「ままー、おはなたべる?」(日本語)で 聞いてきました。  「どのお花?ほんとに食べられんの?」と私。  そしてムユが教えてくれたのは、タクソ(パッションフルーツの一種)。 花を摘んで、ガク(のところにあたるのかしら)のところのぷくっと 膨らんだところをちょこっとかじって、割って、吸うと、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えんどうまめ

 今、ここエクアドルアンデス地方では、えんどうまめが旬です。  ということで、あちらこちらからいただきます。  私は、以前は、グリンピースは嫌いだったのですが、 それはグリンピースそのものがどうこうというよりも、 冷凍ものの、色の悪い、ちょっと臭みのあるグリンピースが 嫌だったのだと思います。  が、今は好きな部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニワトリさん物語③ ~新たな試み~

 しばらくニワトリがいない生活が続きましたが、 改めて、思いました。鶏を飼おう。  以前ちょろっと書きましたが、今度の鶏舎は二つ。  というのは、苗床の上を犬たちが走り回って、 せっかく芽を出した苗たちをダメにしてしまうので、 柵が必要だったのです。と言っても、苗床だけの ために柵を作るのはNG。ここは是が非でも、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニワトリさん物語② ~ニワトリさん&アヒルさん~

 ニワトリさんたちがいた場所に、作物を植えるので、 移動することに。移動した先は、壁沿いの、木が林立している 雑草がたくさん生えているところ。ここで工夫したのは、 農園内を流れる灌漑用水路を鶏舎の中に 通したこと。そうすることで水やりの手間が 省けるし、鶏もいつもフレッシュな水を飲むことが できます。  そこに移動して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニワトリさん物語① ~ニワトリさんたちの効能~

 ニワトリを初めて飼ったのは、2006年12月。 まだ畑も何もない頃、いただいたのです。  はじめて作ったのは、チキン・トラクターと呼ばれるもの。 これはパーマカルチャーから来ているものですが、 移動できる小さな鶏用の柵を作ります。その中に鶏を入れ、 その枠内に生えている雑草やら、虫やらを食べ、 ひっかきまわすことで、そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鍋アイスの作り方

 鍋アイス"Helado de Paila"というのは、エクアドル北部の 伝統的な銅鍋で作るアイスのことです。くどくなくて さっぱりしたアイスは、ムユの大好物です。  昔は、インバブラ山から氷と藁を摘んできて、 作っただとか。4600m以上の山です。 ↑うちから見える、雪を頂くインバブラ山。  …と、ムユの「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夜中にジャムを煮る。

 今日はルバーブを収穫しました。以前、根っこだけ もらってきたのですが、それがやっと食べられるくらいに 成長しました。  本当は今日、まさに今日という日に、そしてこの時間に そんなこと全然やんなくてもいいわけだったのですが、 というか、むしろそんなことやるなというくらい、仕事が たまっているのにも関わらず、さらに、新鮮な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べることについて VI ~鶏のさばき方~

 うちの鶏さんたちが、年をとってきたので、つぶしていただくことにしました。  一人ではできないので、うちの家づくりを手伝ってくれている マエストロの手を借りることに。  マエストロ曰く、足の後ろ側の5本目の指(?)が出てきたら 老いている証拠だそう。オス一羽、メス二羽いましたが、 みなさんそんな様子。卵も産まな…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

断食道中&マイ味噌

 最近アレルギーの鼻炎が炸裂し、かなり、 鼻水・鼻づまりがひどかったので、15日は誕生日ということで ここはひとつ、断食しようと決めました。  断食しようと決めたのは、私のホメオパシーの先生が 肉や乳製品を食べると、腸にガスがたまり、体全体に 悪影響を及ぼす。鼻炎もそのひとつと言われたことが ずーっと頭にあり、なおかつ友…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べることについて V ~子どもたちの食べるもの~

 エクアドルの子どもの食べ物は、う~むと唸ってしまう ものが多いです。農村部ではかなり顕著ですが、都市部でも あまり大差はありません。  とにかく砂糖と着色料が多い。飴玉、炭酸飲料など、限りなく あげている。とにかく親の意識が低いと思われます。 栄養学のことを、私もきちんと知っているわけではないですが、 それにしても、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べることについて IV ~化学調味料~

 以前も何かの折に、このブログに書きましたが、 私は化学調味料を食べすぎると、車酔いしたかのようになり、 さらに頭痛に襲われます。  はじめは化学調味料と結び付けて考えなかったのですが、 気がつくと、外食した後にこうした気分になる。 もしや化学調味料では…。それから、最も化学調味料を たくさん使うという言われている中華料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べることについて III ~手作り~

 またまたまたまた食べること。食べること、大好きです。  野菜が好きになって、食べることの意味を考えるように なって、自分たちで野菜作り始めたら、当然手が出るのが手作り。 野菜も余ったりするし、形が悪いものは売れないので、それを 利用して、いろいろ作るようになりました。 ↑自家製ピクルス。私が敬愛している人が昔作っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べることについて II ~アンデスの食事~

 またまた食べることについてです。  今回はアンデスのごはんについて。  パートナーがキチュア農村部出身ということもありますし、 仕事柄、農村部に行って、そこでご飯をごちそうになることが 多いです。  彼らのメインはトウモロコシ。トウモロコシをそのままゆでて 食べることはもちろん、保存してある干したものを揚げたり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

食べることについて I ~ベジタリアンについて~

 エクアドルに住むまでは、私はかなりの肉好きでした。 今は、完全なベジタリアンになったわけではありませんが、 お肉は、週に一回食べるか食べないかくらいです。  最初、エクアドルに来たとき、コタカチ・エコロジー・センター というボランティアがたくさん集まるところに住むことになったのですが、 そこがなんと、ベジタリアン・ハウス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Tomates! Tomatoes!! トマト!!!

 うちの一番の目白押しは、なんと言ってもトマト。  この辺で買えるトマトは、みんな農薬漬けなので、 うちの無農薬トマトは貴重と言ってくださるお客様が いらっしゃいます。(と言っても、うちの野菜を 買ってくれる人自体、ほとんどいないけど…。)  何よりとってもおいしいトマトです。  でもトマトは、他の野菜より手間が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エクアドルでの和食

 エクアドルに来てから、もう7年。自ら望んで、今ここに 住んでいるわけですが、日本が恋しくなることはもちろんあります。  家族・友人の次に、ああ~恋しい~と思うのはやっぱり食べ物。 自宅でネットができるようになって、こっちでもできる和食のレシピを 探すようになりました。  しかし材料には高いハードルがあるわけです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウミータの作り方 後編

 さてさて、続きでございます。    もう子どもたちがわらわら「もうできた~?」と そればっかり。まだだよ~。  さて包んだウミータをこれから蒸します。 ④ お湯をわかす。  お湯は大なべに水を入れて、薪を焚いてわかします。 先住民の人たちは、ほんの最近まで、薪で煮炊きするのが 普通でした。今でも、山…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウミータの作り方 前編

 ウミータとは、トウモロコシの蒸しパンです。このアンデス地方では かなりポピュラーなパン。パンというとちょっと語弊があるかしら。 いわゆる蒸しパンよりもずっとしっとりして、ずっしりしています。    昨日はじめて、エクトルのお兄ちゃんのお嫁さんに教わりながら 作りました。  さて、このウミータの作り方は: ① トウ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大豆ワークショップ IN エクアドル!③

 さて、この連載(?)も最終章です。  金曜日の朝、今度は「盛り込み」です。  煮沸消毒した竹の三枚の大皿に、また手ぬぐいをひいて、育ちつつある麹を 1.5kgずつに分けます。たびたび中身をチェックしていた渡邉さん。 「あけると麹の匂いが少しするから、かいでみて。」ということは育っていると いうこと???みんなで保温器…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大豆ワークショップ IN エクアドル!②

 初の打ち合わせをしたあと、ほぼぶっつけ本番です。  その前に、私の方では、このワークショップのエクアドル人の 友人たちにお知らせをしていました。エクアドルの人たちはどれくらい 来てくれるかなぁと不安をよそに、かなりの反響でした。  でも、渡邉さんと一緒にこのワークショップの食いつき文を考えていて、 「ようこそ発酵ワー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大豆ワークショップ IN エクアドル!①

 今日は、友人たちとやってみた大豆ワークショップのお話を。  友人亜美ちゃんのダンナ様の渡邉さんは、トージバというNPOの 代表をされています。そしてこのトージバは、大豆レボリューションという、 おもしろいプロジェクトに取り組んでいます。この渡邉さんが、エクアドルの コタカチ郡の我がクリキンディで、大豆ワークショップをやって…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more