テーマ:いま、ここ

おうちで

 夏が稼ぎ時なので、夏休みだっていうのに、子ども達を どこにも連れて行ってあげられない私たち。  近場にはなんにもない。というか、近場にすら行く時間なし。  でもうちには、走り回る場所だけはいっぱいあります。  なぜか、農作業に燃える長女ムユ。(いつもは 「むーちゃーん手伝ってー」「むゆいやだ」と逃げるくせに) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病み上がりの誕生日

 次女サチャは7月24日に1歳になりました!  しかしその1週間前から、熱下痢嘔吐でかなり大変でした。 普段本当に泣かない子なのに、ずっと泣きっぱなし。 まだどこがどんなふうにどれくらい痛いのか言えないから、 体全身で訴えてくれていましたが、ふがいない母は、抱っこして さすって、おっぱいをあげるくらいしかできず…。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生まれてから6年と1年のヒトたちに教わったこと

 前回書いてから、約4ヶ月も経ってしまいました。  買って間もないMacが壊れ、その他、長めの出張があったり、 両親が日本から来てくれたり、震災の後、どういうふうに 生きていくのが本当にいいのかなとつらつら考えていたり、 と、物理的にも、心理的にも、気持ちや事柄をこのブログに 書くことが躊躇われてしまっていました。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

今だからこそ

 震災から2週間。  被災者の方々は、想像を絶する絶望とまだ先の見えない不安とを 抱えていらっしゃるかことと思います。どうかみなさんに 一日も早く安定した日常が戻るようにと祈ることしかできません。  ここ、エクアドルから今すぐできることはほとんどなく ただニュースを見ては、忸怩たるものを感じるだけ。    でもイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災

 あまりに大変な地震で言葉がありません。  ここ、太平洋の反対側のエクアドルの海岸地方にも 津波の影響で被害を受けた地域もあります。  こういう被害は、その大小を比較してはいけないのだと 思いますが、日本の震災の被害は、想像を絶するものです。 地震直後、千葉の実家に電話をかけたのですが、つながらず、 生きた心地がしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコット My Love

 以前、ボランティアハウス、コタカチ・エコロジー・センターに 住んでいたときのハウスメイトが長い時を経て、遊びに来て くれました。  スコットと一緒に住んだのは半年ほど。でもものすごーく気の 合う仲間で、以前ベジタリアンのことをこのブログに書きましたが(あの頃、私も彼も若かった…)、 彼からも私はいろいろ教わりました。別れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海へ!②

 前回から長い時間が経ってしまいました。スミマセン。 なんか、ものすご~くひっぱってしまった感が…。 そして大した内容ではないのが…。  さて、海。  またさんざん道に迷ってから、ホテルにつきました。 赤いホテルで、ワカモノ向けかしら…とちょっと心配に。 でも、今はあまりお客はいないらしく、かなり静かな感じでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海へ!①

 一年に一度は娘のムユとサチャに、コタカチ以外の エクアドルのきれいなところを見せたいね、ということで、 ムユの冬休みを利用して、今年は海に行くことにしました。  地図を眺めていくことにしたのは、エスメラルダス県の サメの海。(鮫にあらず。アクセントは前に! ←わかる人にはわかるこの懐かしさ、古さ。) 一番近いアタカメは…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

レインボー・パワースポット

 うちからの景色です。  うちからはほんとよく虹を見ることができます。 フユちゃんも一緒。 ↑完全な半円だったのに、そう撮れなくて残念!  全然パワースポットでもなんでもないいんですが、 ちょっとこの単語を使ってみたくて。  パワーというか、虹を見る度に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十年一昔

 私が初めてエクアドルにきたのは、1999年のこと。 もう10年以上前のことです。まだ大学生の頃でした。  そのときの出会いがあまりにも衝撃的で(エクアドルの人も、 日本人の人も、また他の国からの人も、とにかくそのときに 会った人たち全員に衝撃を受けました)、私はエクアドルに 舞い戻ってきました。そのときに出会ったエクアド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5歳になりました。

 娘のムユが5歳になりました。  無事に、またお誕生日を迎えることができて、感無量。 毎年毎年、ありがたいことだなぁとつくづく思います。 元気に育ってくれるだけで、本当にもうそれだけでいい。  今年のムユのリクエストは、『ぐりとぐらのおきゃくさま』に 出てくるようなクリームたっぷりのケーキ。  しかし、ケーキっつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ある晴れた日

 雨上がりは空気がきれいで、風景がくっきり、ぱっきり見えます。  いつも風景が何もかもがまぶしく見えて嬉しくなったので、家事を ほっぽり出して、家の周りをぐるっと回ってみました。  フユちゃんも元気そう。  こうしてまわりを見ていたら、私には創造なんてできない、と つくづく思いました。自然によりかかって、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチンから

 今朝、雨戸をあけると、太陽の光がキレイに差し込んできました。 雨上がりのいいお天気。  これが私の台所から見える風景です。目の前に、朝日を浴びたインバブラ山と 村、そしてコタカチの中心部まで見えます。  なんとなく、ああ、幸せだなぁと思いました。  思い通りにならないことはいっぱいある。  野菜がち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

私の雲 VII

 今朝、娘ムユにお願いしました。  「むーちゃん、スープに入れるから、パセリ採ってきて」  「あの、ふゆちゃんみたいなやつ?(日本語)」  ふゆちゃんみたいなやつ?    わかりました。パセリがこんもりしているのが、雲みたいに 見えたのでしょう。  そうか、土にもフユがいるのか。なんだか、本当にどこにでも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲 IV

 夕焼けがきれいだったので、写真を撮りました。  そうしたらムユが、  「ふゆちゃん、あちちになっているかもしれないね(日本語)」  赤く染まった雲を見て、そういいました。    虹も垣間見えました。    おんなじ風景で、間1分もたたないのに、こんなに違う表情が。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コタカチ「ほっと」スポット

 「生物多様性ホットスポット」という言葉をよく使います。  これは、生物多様性が極めて豊かな一方で、破壊の危機に 直面している地域を差します。コタカチ郡インタグ地方も このうちの二つのホットスポットに入っています。  でも、今日書きたいのは、私の中の「ほっとする」スポット。 ちょっと重たい気分になった土曜日、娘ムユと一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲 III

 今日は雲が多いなぁ、ソーラーシャワーは無理かなー と思って、空を見上げていたら、娘ムユが、 「おそらにふゆがいっぱいいるね!(日本語)」  それだけで曇り空が、素敵なものに見えました。  そうやって見ると、なんてきれいな雲かしら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲 II

 きれいな雲を見ると、私たちのフユを思いだします。 エクアドルでは、きれいな雲に会えることが多いです。 昨日も会えました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日が大切なお誕生日

 昨日は、ボランティアのまおちゃんの 誕生日でした。  しかし、ろうそくを立てたケーキを見て、 娘ムユが激怒。自分以外の誰かが自分のうちで スペシャルなことをしてもらっている。自分の お気に入りのろうそくを使っている。 こうしたことがムユに琴線に触れ、大泣きが 始まりました。  私はせっかく、まおちゃんが、エクア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森の中で

 私とムユは、私の仕事の都合もあって、よくインタグ地方に 行きます。  どこに行くにも、森がある。ムユは森が大好きで、森の 中にある実や茎をよく食べます。はっきり言って、 「それおいしい?」と思うようなものまでバクバク食べます。 ↑一番好きなサンタ・ロサの森。  まぁ、間違って変なものを口にしないようには気を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の雲

 今年の一月。今から3か月ほど前に、実はとても悲しいことが ありました。  私は、ムユの弟か妹を身ごもっていたのですが、 その子は空に還ってしまいました。そのときのことは、 生々しくて書けないのですが、私はその子にフユという 名前をつけようと思っていました。  「フユ」はエクアドル先住民の言葉のキチュア語で、 「雲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然の公園

 牛に草をやる場所を選んでいたときのことでした。  うちにある、少し丘っぽくなっているところに草が たくさんあったので、そこに牛を移動させました。  そのとき、娘ムユは自分の「公園」を見つけたのです。 「ままー、みて、すべりだい」 と言って、その小山から、おしりで滑り降りてきました。  正直、私はぎょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどものあそび

 私たち家族は、エクアドルのコタカチ郡アンデス地方の 先住民族キチュア族のコミュニティー「エル・バタン」に 住んでいます。(ちなみに私のパートナーはキチュアのひと)  このコタカチのアンデスには、まだその先住民族の 文化が色濃く残っています。ほとんどの人はスペイン語が 話せますが、マジョリティー言語はキチュア語。男性は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more