断水DAYS ~ありえない III~

 前回のと話が前後してしまいましたが、母が遠い距離を超えて、 産後のヘルプにエクアドルまできてくれました。  着いたのが8月11日の水曜日の深夜。木曜日から、日本から 担いできてくれた食材を用いて、母がエプロンをつけ、 さぁ、ごはん作り!(ワクワク)…と思ったら…  水が出ないっ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サチャがサチャであるために。

 次女サチャは、どんどん大きくなっていっています。  サチャが1カ月になる前に、出生届けを出しに行きました。  しかしなんと!戸籍係で、サチャという名前が 受け入れられなかったのです。戸籍係のオバサンは、 そこの「主」のようで、彼女が知っている名前以外は 受け付けないという、むちゃくちゃな人なのです。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Dar la luz II ~痛みの向こう~

 さて、出産のことの続きです。  長文の上、少々生々しいかも…です。  ムユを産んだときも痛かったけれど、今回もやはり 激痛でした~。二回目だから、けっこう平気なんじゃないかと 甘くみてましたが、経験値なんて、まったく意味ないと 思ってしまったほど。  23日の夕方から、ランダムに痛みがきて、友人の エルネスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dar la luz I ~赤ちゃんは何でも知っている~

 私の好きなスペイン語で、dar la luzというのがあります。 (辞書によっては、Dar a luzとも書いてありますが。)  これは直訳してしまうと、「光を与える」になりますが、 意味としては、「産む」です。赤ちゃんが、この世に出てくる、 つまり光の中に出てくるからこういうのかなと、勝手に 解釈しています。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SACHA ~森の誕生~

 7月24日のお昼頃、待ちに待った私たちの娘が生まれました。  3100gの元気な赤ちゃんです。  名前はSACHA(サチャ)。  SACHAとは、キチュア語で、「森(あるいはジャングル)」を 意味します。  森のように様々な生命を育む温かさ、柔らかさ、瑞々しさ、 優しさ、豊かさ、バランス、多様性、エネルギー…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

i VIVA ! 手作り ~天然酵母でパン作りII リベンジ編~

 天然酵母液は、さとみさんによると、ふくらむ力を持つのは約1カ月。 ただ、その期間が終わっても、別に腐るわけではなく、調味料 (お酢的に?)として、使えるらしいのです。  でもせっかくだからパンにしたい。パンを作る猶予はあと、2週間 というところ。  赤ちゃん待ちの私としては悩ましい。パンをこねるとき、おなかが つか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釣耕

 「釣耕」って聞いたことありますか?  あるネット上のコラムを読んでいて、突き当たった言葉です。  釣耕とは、「雲を耕し、月を釣る」、つまり、「自然に親しみ、自然とともに 生きる」という意味だそうです。  雲を耕し、月を釣る。  なんて素敵な日本語だろうと思いました。  日本を離れてから、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お散歩

 うちの周りには、たくさん家が建ち始めていますが、それでも、やはり 田園風景はまだまだ健在。  天然酵母でパンを作った日、朝は洗濯・お掃除して、さとみさんとパンを 練って、そして午後はさとみさんと娘ムユとお散歩という、極めて正しい(?) スローな一日を過ごしました。 ↑小川が流れているところでしばし座り込む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

i VIVA ! 手作り ~天然酵母でパン作り~

 そしてパン作り。  7月1日に作った天然酵母は、思ったより、発酵の進みは 遅かったものの、なんとか、使える感じに。  そして7月10日、さとみさんが帰ってしまう前に、パン作りを! だって、酵母を作ったはいいけれど、どうやって使ったらいいか まるっきりわからなかったんですもん!  材料の分量は、フランスパン的にし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

i VIVA ! 手作り ~天然酵母~

 さてさらに調子にのって、レーズンを手に入れた私は天然酵母を。  しかし天然酵母とドライイーストの違いがイマイチわからない。 ドライイーストの何が悪いの?  で、ネットでちょこちょこ見てみた結果: * 「天然酵母」も「イースト」も、「酵母」としては同じ天然に存在する菌。 * 「ドライイースト」は、化学物質を培養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想のエコハウスづくり (15) ~地下室の天井~

 久しぶりのエコハウス作りネタです。  乾季に入っているはずなのに、雨がけっこう降っていて、なかなか 進みません。  が、ずっと前から準備していた丸太の出番がやってきました。  これを磨いて、アマニ油をつけて、地下室の天井に。  大雨が降って、壁がどうなるかと思いましたが、なかなかどうして 持ちこたえてくれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

i VIVA ! 手作り ~やっぱり味噌~

 外国にいるとどうしようもなく自分が日本人であることを痛感する 海外在住の日本の方は少なくないはず。もちろん私もその一人です。  醤油&味噌は欠かせないものトップ2!しかし醤油を作るのには けっこう装置が必要。味噌は麹さえあれば、なんとかできます。 ということで、味噌作りは、ここエクアドルで何度かやってきました。 しかし、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

i VIVA ! 手作り

 今、ボランティアでさとみさんが滞在してくれています。  彼女は、パンやパスタなど、手作りが大好きだそう。 日本では、天然酵母のパンの教室にも通っていたくらい!  折しもインティ・ライミ中。誰も働きにこないし、外で作業も つまらなかろうということで、彼女と一緒にいろいろ手作りをしてみようと 提案してみました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インティ・ライミの風習

 昨年、パートナーのエクトルのお兄さんのアルベルトから、 鶏のスープやらたんまりごちそうになったことがありました。 (そのときボランティアでいてくれたまおちゃんとまゆちゃんも 一緒にいました。懐かしー。)  それはインティ・ライミのとき、アルベルトは、コミュニティーから 6羽のニワトリ、カスティージョと言われるフルーツを盛…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今年もインティ・ライミ

 さて、今年もインティ・ライミの季節がやってきました。 インティとは、キチュア語で太陽、ライミはお祭りという意味です。  先住民キチュア族にとって、大事な夏至のお祭りで、太陽の 神様に感謝する日で、男たちは、この日と毎年楽しみにしています。  神々の湖と言われるクイコチャ湖にて、開会式。  この日の天気は素晴らしく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サン・ヴィンセントおよびグレナディーン諸島からのお客様

 お客様続きです。  去年の6月も、お客様がいっぱいで、去年はカシータが 来て、この子は招き猫では?と言われていましたが、今年は カシータJr(まだ名前はない)の誕生後にまたお客様が いっぱいで、親子で、招き猫になっています。  ある日突然、お電話がありました。「パーマカルチャーについて 学びたい」と。スペイン語圏の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コロンビアからのお客様

 先日、インタグにご一緒したしばたさんが、一緒に活動されている エクアドル在住のコロンビアの方々と共に、我が家クリキンディに いらっしゃいました。  しかし正直なところ、私はあま~り乗り気ではありませんでした。 (ごめんね、しばたさん!)  しばたさんは、私たちの農園のコンセプトややっていることを 気に入ってくださり…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

らん・らん・らん♪

 お久しぶりです。ブログ、更新しないうちに時間がいっぱい経って しまいました。光陰矢のごとし。  さてさて、またしばらくぶりにインタグに行ってきました。  前のニコンが壊れてしまい(Keiboごめんなさいっ)、迷ったのですが、 インタグに住むカルロスさんとサンディさんから中古のパナソニックの Lumixを買いました。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出産ラッシュ

 昨年のちょうど娘ムユの誕生日の直前、新しい家族が増えたお話を しました。  そして、また!  この赤ちゃんネコ、カシータが成長し、私はまったく気がつかなかった のですが、赤ちゃんをおなかに宿しており、6月1日に赤ちゃん猫一匹を 産みました。(一匹でよかった…。) ↑「ナニ見てんのさ」 byカシータ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日の手作りプレゼント

 娘ムユのために、パートナーのエクトルは毎年手作りのプレゼントを 作っています。  1歳のときは、ちょっと遅れたけれど、子ども用の小さなテーブルと椅子、 2歳のときは、三輪車ならぬ四輪車、3歳のときは小さなおうち、 4歳のときには自転車。さすがに、自転車は、ちょっと難しく、予想以上に 重くなって、あんまり使ってもらっていま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more