新ソーラーフードドライヤー

 そう、ソーラーフードドライヤー。

 現在あるものはかなりダメで、食べ物を乾燥させるというよりも、
熱で腐らせるか、あるいはこがすかのどちらかでした。

 ボランティアさんのステファンは日曜大工が大好き。

 こんな人材を畑仕事だけなんてもったいなさすぎる。

 ということで、以前からなんとかほしいと思っていた
ソーラードライヤーにチャレンジすることにしました。

 以前の×な点は、直接太陽光に当たっていたところ。

 とは言うものの、タンパク質は太陽の光にあたって、
アミノ酸にかわる。だから、干物などは、オーブンで
乾燥させたものよりも日光で乾燥させたものがおいしいのです。

 その点は、忘れないでいたいのですが、熱い空気が
滞ることなく流れるようにすればいいのではなかろうかと。

 まず熱い空気を集めて、熱い空気は上へ上がる性質を
利用して、その流れの中に食べ物をおくようにする。
必要に応じて、日光にも当てる。(上部の屋根もガラス。)

 実はこれは、私の5月のバースデープレゼントに
リクエストしていたものでした。だからたいていの材料は
そろっていたのです。だから、すぐに着手することができました。

 とは言うものの、設計から始めたし、農作業も農作業で
大事なので、その合間をぬって取り組んでいたので、
思ったよりもずっと時間がかかりました。

画像

↑本職は建築士という二人。

画像


 休みの日や、普段のボランティアワークが
終わってからもがんばってくれました。

画像

↑最後の、ガラスを張っているところ。

そして完成!

画像

↑左の滑り台のようなところに鉄板が張ってあって、
そこで熱を吸収し、熱い空気が上に上って、右の方へ行き、
網の段(ここに野菜を並べる)を通って、さらに上に行き、
屋根の脇の空気穴から、空気が抜けていく仕組み。

 しかし!ちょうどこんなときに限って、乾かしたい
ものがない!野菜が全然余っていない!
かなり本末転倒ですが、しょうがないので、とりあえず
にんじんを掘ってきて、干してみました。

画像


 2日ほどで…。

画像


 からからに!

 これを調理したら、きれいなオレンジ色のにんじんさんに!
しかも味濃し!いやぁ、太陽の力ってスゴい!

 あ、そうそう。これのコストは全部で$150ほどでした。
網が高かったです。しかもキトまで買いにいったし。
ガラスや鉄板もけっこうしたかも。

 これから先、きっとこれがもっと威力を発揮するはず。
どうもありがとう、ステファン&クリスティーナ!
(あ、もちろんエクトルも!)

"新ソーラーフードドライヤー" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント