コミュニティープロジェクト⑬ ~さぁ作ろう!~

 また間が前回から空いてしまいましたが、いよいよ建設です。

 提案したタイプは、バケツバージョン。

 うちには、タンク型とバケツ型両方ありますが、どちらも
水を使わない、ドライコンポストトイレです。

 タンク型は、二つの大きなタンクと便座があり、
片方がいっぱいになったら、もう片方に移り、もう片方を
使用している間に、最初に使った方が発酵して、
次の方がいっぱいになったら、最初のタンクを
空にして、また使用するというものです。こちらは楽ですが、
家族の数によって、サイズがかわってきます。それを
きちんと計算しないと、発酵前にタンクがいっぱいになって、
タンクを空にできない=トイレが使用不可能になる
なんていう事態が起こってしまう可能性があります。

 一方で、バケツ型は、タンクの代わりに20リットルほどの
小さなバケツを便座の下にセットし、便器代わりに使います。
バケツがいっぱいになったら、コンポストベッドに捨て、
空になったバケツを再びセットするというもの。
バケツはすぐいっぱいになってしまいますが、いっぱいに
なったらすぐコンポストベッドに捨てればいいので、逆に言えば、
リミットはなし。

画像


 農村部の先住民族の人たちは、子だくさん。10人兄弟というのは
ざらにあります。うちはせいぜいお客様やボランティアさんを
入れても平均4、5人。計算を間違ってしまう可能性が怖く、
バケツだったら、それをさけることができるので、
バケツ型を提案しました。

 バケツ型は取る場所も少ないし、単価も安くできます。

 ということで、選ばれた(?)というか残った人たちのところで
ついに、トイレ作りを初めました!

>>続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

茨城のエリック
2011年09月11日 16:27
うちはもうすぐ7年間バケツ型トイレを使っている。
前は杉のおがくずを使っていたが、あんまり発酵しなかった、いいコンポストにならなかった。
今米の籾殻を使って、ぜんぜん腐らないけど、いいマルチになる。
http://japanhomestead.blogspot.com/2010/04/special-compost.html
ワダアヤ
2011年09月12日 11:26
茨城のエリックさん

 こんにちは。またまたコメントありがとうございます!
 籾殻もそうだし、コーヒーの殻も、全然腐りませんよね。それを知ったとき、殻っていうのは、実を雨から守る防水機能のようなものがあるんだな~と思いました。
 このプロジェクトでは、乾いた土がメインです。おがくずは別の場所から取ってこないといけないので、持続可能ではないのです。下水道のないこの村では、肥料を作ることよりも、水なしで機能するトイレを作ることがまず一番大事なので、とりあえずこれでやってみています。土だと、ちょっと重くなって、捨てるのが大変ですが、機能しないことはないと思っていますが、それも使う人次第…。

この記事へのトラックバック