誕生日&一人雑煮

 一年の始めは、パートナーのエクトルの誕生日でもあります。

 しかし前日は、村の人と飲んでいるため、1日は
どうせ二日酔い。と思って、誕生日のお祝いは2日にしようかね、
…と思っていたら、なんとしらふで帰って来て、慌てて、ケーキを
作りました。ケーキはエクトルの好きなチーズパウンドケーキ。
食べ物もエクトルの好きなものに。Tex Mex風な食べ物が好きな
エクトルにはチリビーンズにしました。日本のお正月からは
かな~りかけ離れています。

画像

↑私がご飯を作っている間に、長女ムユは「はっぴばーすでの
ぼうし」を作って、パパにプレゼント。

画像

↑ムユ、制作中。 

画像

↑お手製カード。 

 お正月なので、母からもらった干支や七福神の飾りや
凧のはがきなどを出しました。干支の飾りは、ムユと一緒に、
干支の絵本を見ながら、ねずみさん、うしさん、とらさん、
うさぎさん…といいながら並べました。

画像


 しかしお正月と言えばお節。でも、元々、そんなにおせち料理も
オモチも好きでない私。

 しかし。

 「ない」ということは、非常に不思議なもので、人間の
脳みそに「ありがたむ」「いとおしむ」という感情のスパイスを
かけてくれます。ないと思うと、無償に食べたくなるのです。

 …ということで、食べたーいっっっ!

 人生35年の中で、こんなにおせち料理を食べたいと思ったことが
あったか?
 
 さらに、今年は、前日に(日本のお正月の朝)実家にスカイプで
電話したところ、画面の端に、ずっと弟が映っていたのですが、
ひたすらお箸を動かしお節を食べている。

 しかも、知人の方がそのお宅のおせち料理の写真を
送ってくださっていて、いやがおうにも、お節に意識が
集中していくわけで。
 
 と言っても、その場で作れるものなんて何一つなし。
(今思えばなますだったら作れたかも。)

 そこで冷凍してある貴重なオモチを使い、せめてお雑煮を
作ろうと。

 具は、ネギ、人参、そして母が前回来てくれたときに
作ってくれた椎茸の薄煮を使おうと。お澄ましを作るのも
そういえば久しぶり。少しわくわくしてきました。

 ムユに
「むーちゃーん、お雑煮食べるー?」
と聞いたら
「おぼうにってなにー?」
「おぼうにじゃなくて、お雑煮。おつゆにオモチ入れたやつ。
日本ではお正月に食べるんだよ」
「むゆいらない」
「…ふーん」

 エクトルはお澄ましが苦手。スープなのに透明すぎるのが
微妙らしく(よく理解できない理由)…。
 
 ということで、一人でお雑煮を食べました。

画像


 しかしオモチがあまり焼けておらず、しかも一人で食べても
全然おいしくない。かなり不発に終わりました。
来年までに、エクアドルでできるお節研究すべし!

 こんな感じで、今年も、テンションが上がったり、
下がったりしつつ、失敗をくり返しながら、
地味に地道に淡々と、自分たちのやりたいことを
見失わないようにしながら、みんな仲良くゆっくり
やっていきたいと思います。

 どうぞ皆様、何卒お力添えをよろしくお願いいたします。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ノア
2011年01月12日 01:39
私も家族みんなに「おせちなんていらないよ!」と言われながら意地で作りました(笑)
伊達巻き(卵とコルビナとエビで~)なますと田作りとやっぱりお雑煮。
いらないと言ってた割にはみんな食べました。
私も日本ではおせちなんてそう食べたいとも作りたいとも思わなかったけど、ないと思うと欲しくなるモノよねぇ。
ワダアヤ
2011年01月12日 04:05
ノアさん

 コメントどうもありがとうございます!
 伊達巻きすごーい!田作りまで!私とはなんという違い!見習わないと!

この記事へのトラックバック