赤ずきんちゃん

 先週の金曜日、長女ムユの学校で、あるイベントがありました。

 私はこの前のパレード同様、相変わらずこれが何かわからないまま。
Dia de Novatoというこのイベント、パートナーのエクトルに聞いても、
生徒会が主催するミスコンじゃない?と言われ、さらに連絡帳には
仮装してこいと書いてある。いったい何のイベントだ?

 仮装というのはかなり、また商業主義がからんでくるもので、
そこらのいろんなイベントではちびっ子たちが、スパイダーマンやら、
ミニーちゃんやらキャラものの服装をして誇らしげに歩いている姿を
見かけます。

 私としては、そういうものはムユに着せたくない。
そんなもんにお金をかけたくない。
先住民族の格好をさせても、全然「仮装」じゃない。
せめて土日を挟んでくれたら、何か縫えたかもしれないのに、
言われたのは、月曜日。

 悩みに悩んで、ムユの絵本を見ながら思いついたのは、
「赤ずきんちゃん」。

 ムユがまだ1歳ばかりの頃、りえちゃんからプレゼントでいただいた
赤いポンチョがある!
 これを着せて、ワンピースに、去年のクリスマスにプレゼントした
ブーツをはかせて、かごでも持たせたら完璧なんじゃないか?!

画像


 仕上げは上々!ぎゃーっ、きゃっわいいー、ひゅーひゅーっ!
(↑親ばかというより、馬鹿な親。(byろうたくん))
どこからどう見ても赤ずきんちゃんでっす!

 その日のイベントの前に、ムユの学級で保護者会がありました。
テーマは、今やっていることと、お弁当のこと。
私は初めて保護者会に行きましたが、なんか学校任せな親御さんが
多いのう~と思いました。別に自分がベストな親だとも
全然思いませんが、発言が、

「うちの子どもが、持たせたお弁当を全然食べないので、
先生が、子どもについて、楽しませながら食べさせてほしい」

とか、

「(終業後)自分たちが迎えにくるまで、子どもを
見ていてほしい」

とか、

「みんなが何を持って行っているのかわからないから、
学校で、毎日のおやつリストを作って、みんなで
同じものを食べさせてほしい」

とか。

 特に最後のは、私は自分の子どもが、何をどんなふうに
食べるかをちゃんと気をつけたいと思う。だから、むしろ先生に
指示されたいとは思いません。できるだけうちにあるもの、
手作りのものを心を込めて作ってあげたいと思っています。
おいしく食べてほしいとも思うから、やっぱり食べる人の
ことを考えて、工夫して作りたいと思います。
(と言いつつ、朝はばたばたしているのでちゃちゃちゃっと
やったりしてますが)

  さて、今度はイベント。そこら辺のお母さんたちに、
今日のイベントの趣旨を聞くと、新入生歓迎会だそう。
1年生と8年生が新入生にあたります。
(小学校が7年制なので、8年生から中学ということですね。)

 この仮装、どうやら仮装大会用だったらしいです。
子どもたちが、案の定スパイダーマンやらバットマンやら
お姫様やらになっていて、一人ずつ前に出て、観衆の拍手が
多い子が優勝と。

画像


 8年生の子はともかく、1年生の子に対して、仮装で優劣を
つけるのってどうなの~って思いませんか?
はっきり言って、そんなの大人のセンスとお金の使い方に
決定づけられるようなものだし、そもそもこんなことで優劣をつけて
どうするのだ?

 まぁ、こういうのは、どこに行ってもあるんだろなーと。
ムユにはぜひ、こういうのを適当に流す術を身につけて
もらいたいもんです。

 …と一人ぶつぶついいながら見物していました。

 そしてムユが紹介される番になったとき、MC役の先生が

「…(一瞬迷って)山岳地方の先住民族の女の子ー!」

 はぁぁぁ?
 
 なんと!赤ずきんちゃんと認識されない?!

 そこへすかさず、高学年の子たちが、

「せんせー!その子、赤ずきんだよー!!」

 と突っ込んでくれたので、誤解されたままで放置されることは
免れましたが(ありがとうよ~)、ムユの衣装が、赤ずきんに
見えなかったのか、あるいは、先生が赤ずきんを知らない…?
いや、まさか。

 ま、見事ムユは優勝しなかったんですが、これまた案の定、
落選賞で、山ほど着色料や保存料などなどの世にもおぞましいものが
たっくさん入ったお菓子をもらってきました。

画像


 こういうのってほんと困る…。

 ムユはまだ5歳です。いくら、これは色つけだよ、
歯がなくなっちゃうよ、おなかいたくなるよ、と言ったところで、
華々しいパッケージやキャラもののパッケージのお菓子を、
そして周囲のみんなが嬉々として食べているものを
食べたくないと思うわけがありません。

 私が口を酸っぱくして言っているので、少し
「これはいけないものなんだ」とはわかっているとは思いますが、
誘惑にはなかなか勝てない。保護者会のときの、お弁当の
話のとき、できるだけジャンクフードは持たせないように
という話があったばっかりなのに…。

 なんか戦いですね。

 風船と同じ。

 でも、まぁ、ムユは今日という日を楽しんでいたので、
あまり目くじらをたてないように。

 上にも書きましたが、ムユが、劣等感や疎外感などを
あまり感じることなくに、また他の人を攻撃することなく、
自分できちんと判断して、適当に流せるようになると
いいんだけれどな~。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

もめん
2010年11月24日 09:21
ホント…あれれって思う事ばかり。
いろいろと言えば、きりが無いんだろうけど…。

世界的に教育って、学校って、なんなんだろう?。って思う事ばかりですね。

伝統的なお祭りならいいのだろうけど…。
最近、日本でもハロウィーンのパッケージのお菓子が出回るようになってます。
都市部に行けば…いたるところで、仮装イベントが…。
ここ…何処?って思います。

私は、世界のそれぞれの国のカラーが…あった方が良いと思うから…何でも一緒になってしまうのは、残念だし…大変悲しいと思います。

少し偏屈なようですが…断固として田舎で不便さを楽しんで暮らして行きたいと思ってます。

あやさんも、自分らしく、流されないで生きて下さ~い。

では…では。
ワダアヤ
2010年11月24日 12:06
もめんさん

 いつもコメントありがとうございます。
 本当にこういうことはきりがないのですが、自分たちの一番大事な軸だけは失わないように、それでいてしなやかに、やわらかに、いろいろある葛藤や矛盾などに向き合えるようになれたらと思います。

この記事へのトラックバック