布派なわたしたち

 娘たちは、布おむつ派です。
 
 今回はちょっとシモのお話かも、です。

 布おむつを使うことによって肌を守りたいのと、
紙おむつを使うことによって出るゴミを最小限に抑えたいという思いから
(紙おむつなどを使う赤ちゃんが出すゴミは年間1トンとか!)、
長女ムユのときから、布おむつを使っています。

 でもエクアドルには布おむつはあまり売っていません。
高いベビー用品売り場には、外国製の大げさなものが
ありましたが、高すぎて、何枚も買えない。

 そんなとき、日本のいとこと友人が布おむつを出産のお祝いに
送ってくださったのです。

 いとこのは、いとこのお姑さんがお手ずから縫ってくださったもの。
友人のは、お子さんが使っていたもの。どちらも、温かい思いが
伝わってくるようでした。

 そして使えば使うほど、布の方がよいと思う私。

 確かに紙おむつはどんどん発達して、漏れにくくなって、
かぶれにくくなってる。

 でもそれと同時に、肌が鈍感になっていくように思えてしまう。
布だと赤ちゃんが自分でぬれていることがわかるから、
泣いて訴えることができる。当然、替える回数は多くなりますが、
このことで赤ちゃんと私のコミュニケーションの回数も増える
わけです。

画像

↑たたむのもちょっと楽しい。

 ただ、洗うのが面倒くさいし、赤ちゃんのうんちって
思っていたよりも落ちにくい。そんな話をしていたら、
インタグの農村の女性たちが、石けんをつけたまま日向に
干してたら、シミなんか消えちゃうよ、とのこと。
実践してみたら、正に真っ白に!!
そして、念のため、もう一度普通に洗ってすすげば完璧な白に。
(石けんをつけたまま干しておいて、少しシミが残っていても、
上記のようにまた普通に洗えば、残ったシミも落ちます。)
お日様の殺菌漂白効果なんでしょうか?
白くなるのが嬉しくて、面倒くささもふっとんでしまいました。

画像

↑エクアドルに赤道直下の太陽のおかげ!
と言っても、ドイツ在住の友人もこれでおしめが
きれいになったと言っていたので、日本でも大丈夫だと
思います。

 そして、娘に遅れること数年、生理用の布ナプキンを
デビューした私です。ずっと抵抗があったのですが、
エクアドルに出張にきた同僚の女の子が使っていて、
旅の途中でも使えるなら、家にいたら全然平気なはず!と思い、
その存在を知ってから7年目くらいにやっと使い始めました。

 使い捨てのナプキンの外側の素材には、一般的にポリエチレンや
ポリエステル、ポリピプロプレンが使われているそうです。
つまり、石油系素材のもの。環境への影響もさることながら、
女性の体の一番デリケートな部分への影響も、ポジティブで
あるわけがない。表面の肌もそうですが、体の中にだって、
悪影響を及ぼすでしょう。
考えたら、紙おむつも男子、女子関係なくそうですよね。

 しかし、つけてみると、そんな理屈を吹っ飛ばして、
その気持ちのよいこと!付け替えたときいつも思うのが、
「まるでパンツを履き替えたよう!」
洗うのも布おむつと同じ要領で洗えば大丈夫。
いつも今日はどの柄にしようかしらと楽しみになるくらい。
というか、生理そのものが、苦痛でも面倒でも
なんでもなくなりました。外出時もへっちゃら!

画像

↑干しておくのも恥ずかしくないデザインも。
「まま、おおきくなったらむゆにもくれる?」とすでに予約が
入っています。(特にクマ柄のやつを狙っているらしい。)

 その気持ちよさに、改めて布ってすばらしいと思いました。
ムユのときは、夜間は紙おむつをつけていたのですが、
次女サチャには、夜も布おむつをつけています。自分自身が
気持ちよさを改めて感じたからでしょうか。
さすがに長時間の外出時は、布おむつをつけて出ても
すぐ洗えないので、翌日のおむつが足りなくなり、
足りなくなったら紙おむつ、ということになるので、
紙おむつを使っています。娘たちが大きくなったら、好きな柄で
作ってあげたいな~なんて思ってます。(がっ、お裁縫は大の苦手!)


 ということで、私たち、フローレス家の女子はみんな布派です♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

いいですね!
2010年10月21日 07:06
生理用ナプキンのことも、いいな。
私は自分が生理になる直前まで、生理用ナプキンの存在なんて知らなかったし、母親がいつもそれを使っていることも全然知らなかった!(自分がなってからも、母親も使っているということがなんだか実感がなかったな。)
まわりもそういう人が多い気がします。ムユちゃんサチャちゃんは、子どものころから大人になる準備ができて、いいなあ。
ゆりこ@littlesounds でした。
2010年10月21日 07:08
さっきニックネームのところにタイトルのつもりで書いちゃった。
ワダアヤ
2010年10月21日 13:58
ゆりこさん

 お久しぶりです&コメントありがとうございます!

 生理も含め、性のことって、家族と話すのって気まずいと私も思っていて、その辺の正しい知識や情報をちゃんと持たないで、長いこときてしまいました。でもやっぱり大事なことだから、娘たちとはちゃんと少しずつ話したいという思いがあります。かわいい布ナプキンはそのいい入り口になるかもしれません。私は日本で販売しているものを購入しましたが、娘たちが大きくなったら、作ってあげたいなとも思ってます。古くなったシャツ・ブラウスなんかも、すてきな柄だったりすると、早すぎと思いつつ、そのためにとっておこうとか思ったり。(ただしお裁縫は大の苦手なんですが…。)
ゆき
2010年10月23日 05:02
うちもオムツ&ナプキンは長女の時から布派です♪
せっけんをつけて干すとシミが消えるというのは初めて聞きましたー。スゴイ!!

私は下の子は「オムツなし育児(EC)」というのをやってみました。赤ちゃんとのコミュニケーションも楽しいし、生後3か月くらいからほとんどウンチはトイレでできるようになって、お洗濯が楽々です(^^)/
オススメです♪
ワダアヤ
2010年10月23日 07:02
ゆきさん

 コメントありがとうございます!
 おむつなし育児というのは、自然育児友の会で知っていて、超興味あるのですが、実践している人を知らず、ほんとにできるのかしら?というのとそのメリットがよくわからないという疑問があり、手出しができないというか…。ぜひぜひ詳しく教えてくださいっ!

この記事へのトラックバック