i VIVA ! 手作り ~やっぱり味噌~

 外国にいるとどうしようもなく自分が日本人であることを痛感する
海外在住の日本の方は少なくないはず。もちろん私もその一人です。

 醤油&味噌は欠かせないものトップ2!しかし醤油を作るのには
けっこう装置が必要。味噌は麹さえあれば、なんとかできます。
ということで、味噌作りは、ここエクアドルで何度かやってきました。
しかし、前々回作った分はちょっと少なく、もう今は味噌がありません…。

 今回は、天候不順で、大豆の収穫がダメになった地域が
多かったとかで、ずっとエクアドル産オーガニック大豆が手に
入らなかったのですが、とうとう手に入れることができました。
欲張って一俵45kg買いました。自分で育てたいとも思ったからです。

 麹は、以前来てくれためぐみちゃんたちが持ってきてくれたものを
冷凍しておいたもの。冷凍保存は90日。なんとかギリで
間に合いそう。

 そして開始。塩は、エクアドル産の岩塩。これをミンサーで挽きます。

 娘ムユも大活躍。

画像


 大豆は前の晩から水に漬けておいたものを、圧力なべで煮ます。
本当は薪で炊いたものの方が、風味がよくなるのですが、標高が
高いせいか、なかなか煮えなかった経験があるので、圧力なべで
さくっと煮ます。と言っても、欲張りな私は、2.6kgもの大豆を
煮たので、かなり吹きこぼれまくりました。でも親指と薬指で
つぶして、くにゃっとなるくらいにゆであがりました。

 あらかじめ自然解凍してあった麹と挽いた塩を混ぜておき、
さらに、それにゆであがり、ミンサーでつぶした大豆をまんべんなく
混ぜます。

 それで味噌団子を作り、熱湯消毒した瓶に目がけて投げつけます。
こうすることで、空気が入りにくいわけですが、この瓶、なにせ
口がせまい。かなり集中して、気合いを入れて、投げ込まないと、
入らない。

画像

↑苦戦中のさとみさん。

 しかしなんとかまぁ、入れることができ、完成。半年後が楽しみ!
外国にいるからお味噌が大事に思えるということもありますが、
やはり、このわくわくは手作りだからこそ!

画像


 ↑にも書きましたが、もう去年作った分は空になり、3月に母が来た時に
作った味噌はまだ3カ月くらいしか経ってません。うーん、あと2カ月は
待たないと。

 最近の私の中のキーワード(最近いっぱいあるんだけれど)は「ない」です。

 「ない」からあるものでやってみる、「ない」からあると嬉しさ倍増、
「ない」から買わない(買えない)、「ない」からなしでやってみる、
「ない」から作ってみる。

 「ない」ところから、うちでは創造性が生まれるような気がしています。
矛盾かな?

 しかし味噌がない生活は、ちと厳しい…。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年07月08日 20:51
お醤油とかも無い?
骨身に染みた味って 無いとキビシイですよね~
カメや樽でなく瓶ってのが 異国を感じます^^
ワダアヤ
2010年07月08日 22:42
まるおおさん、コメントありがとうございます!
お醤油は、英字のkikkomanとかありますが、GM大豆とか怖いし、高いので買えないのデス。ひとつだけ、キト市内で海塩と麹と国産大豆で作っているところがあって、そこのお醤油は買いますが、味が私たち日本人が思うお醤油と全然違うので、チャーハンとかドレッシングとか、お醤油の味が前面に出ないものにこれを使ってます。
ちなみに味噌、こっちの素焼き&釉薬つきのカメでやってみたら、汁気が全部、カメから抜けてしまい、エラくぱさぱさの味噌ができました。(たまり醤油が全部流れ出ちゃったんですね。)
ということで、いろいろ苦労も、キビしいときもありますが、ないないづくしをそれなりに楽しんでおりまーす。

この記事へのトラックバック