らん・らん・らん♪

 お久しぶりです。ブログ、更新しないうちに時間がいっぱい経って
しまいました。光陰矢のごとし。

 さてさて、またしばらくぶりにインタグに行ってきました。

 前のニコンが壊れてしまい(Keiboごめんなさいっ)、迷ったのですが、
インタグに住むカルロスさんとサンディさんから中古のパナソニックの
Lumixを買いました。これはカルロスさんが、写真集を出した時に
使っていたカメラ。

 でも、私が撮っても、「フツー」にしか撮れず(当たり前?)、
ちょっと悲しいので、それを使いこなしたくて、持って行きました。

 撮ってみたいなぁと思っているのは、対象物に焦点を当てて、
周囲をぼかした感じにするもの。

 今回、一緒にインタグ入りしたのは、フォトジャーナリストの
しばたさん。彼は、コロンビアからエクアドルに難民としてきた人々の
エクアドルでの活動を応援したいとがんばっている方。
インタグには、参考になる活動や団体があると思って、お誘い
しました。

 しかし私には下心がありました。フォトジャーナリストさん…。
案内する代わりに(お誘いしておいて恩着せがまし!)、
写真の撮り方を教えてもらおう!

 カルロスの住むラ・フロリダ。たくさんの観光客の方がいらして
いましたが、その合間を縫って、カルロスが「蘭を見に行こう」と
誘ってくれました。

 カルロスは、森を散策する度に、倒れた木に着生している
蘭や、その辺に落ちている蘭を拾ってきて、母屋のそばにある
木に着生させ、蘭を育てているのです。

 正直、日本では蘭という花は、高級でマニアックなものという
イメージがありました。だからよくわかりません。植物に
貴賎はないし、偏見なのだろうと自分でも思いますが、インタグの
雲霧林に自生している蘭は、小さいものから、大きいもの、
色が鮮やかなもの、地味なもの、香りの強いものなどいろいろ
ありますが、どれも野性味があふれていて、生命力を感じます。

 そして、カルロスやしばたさんに、写真を撮るときのこつを
教わります。マクロにして、ズームインするとよいそう。
ふむふむ。

 そして撮ってみたのが…、

画像


画像


画像
 
↑まるでハリネズミみたい。蘭の一部で、水が溜めてあるそう。

画像


画像


画像

↑まるでバニラのような甘い香りを放つ蘭。

 ま、初心者はこんなもんでしょうか。
しばたさん、ご指南ありがとうございました!

 カメラのファインダーを通して、じっと対象を見つめることで、
森の息遣いを感じるような思いがしました。

 カルロスが長らく愛用していたカメラ。

 嬉しい、楽しい、らんらんらん♪(←ちょっとベタと思いつつ…。)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック