バジルdeペスト

 ちょっとコテコテのタイトルですが、今日はペスト作りです。

 あまりにすばらしいバジルが採れ、なおかつ土曜市で売れなかったので
(とほほ。売れなかったというよりも、多分採り過ぎで余った)、久しぶりに
ペストを作ることにしました。

画像
 

 私が前作っていたペストは、パルメザンチーズを入れるものでしたが、
なんとなく、ビーガン方式でいきたかったので、今回はチーズなしで
やってみました。

 バジルは、金属の刃に弱く、すぐ変色してしまいます。私が使う
ミキサーは、金属の刃しかないし、すぐ空回りしまって、モーターが
熱くなってしまいます。そこはかなり悩みの種。いいフードプロセッサーが
ほしいところですが、エクアドルではお目にかかったことがないので、
今は我慢。ちょっとだけレモン汁を入れて、変色を防ぎます。
と言っても、入れるとレモンの味が強くなりすぎるし、防ぐと言っても、
ちょっと黒いのが、茶色くなるという程度で、緑をキープできる
わけではないのですが。

 ペストは、バジルの葉っぱと、オリーブオイルとニンニクと
松の実をすりつぶしたもの。しかしエクアドルでは松の実は超高い。
ちょびっとで、3ドルとかします。なので、それよりは安いマカデミアナッツを
使います。(と言っても安くはない。)

画像


 今日のニンニクは、うちで採れたもの。フレッシュなものは、皮が
剥きやすいから、使いやすい。

画像

↑これはさっき採ったばかりのもの。

画像

↑つるんとしていてカワイイ。

 モーターが空回りしないように、多めのオリーブオイルを入れました。
まず、オリーブオイルとナッツとニンニクからはじめ、徐々に
バジルの葉っぱを入れます。娘ムユがバジルの葉っぱを茎から
むしるのを手伝ってくれました。

 少しずつバジルを押し込むように入れて、なんとか完成。

画像


 パートナーのエクトルもムユも大好きなので、これさえ作っておけば、
あとはらくちん。このペースト、変色はしますが、上手に瓶詰すれば、
割と日持ちがするので、パンにつけたり、ジャガイモに和えたりして、
けっこう使い勝手がいいので便利です。

 ちなみにバジルは、トマトと相性がよく、一緒に植えます。
そうするとバジルの香りでトマトに虫がつきにくい。おまけに
栽培に手間もかからないし、種もごっそり採れるし、カロテン、ビタミンE、
カルシウム、カリウム、鉄、食物繊維などが含まれていて、
鎮静作用があるとされ、リラックス効果、抗菌・殺菌効果、そして
なんとがん予防作用もあるとか。そしてそこそこ売れるし、何よりおいしいので、
スグレモノのハーブです。

 エクアドルでは食べ物よりも、お茶としてよく飲まれるようです。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック