マエストロんちの風邪対処法

 うちのマエストロと子どもの風邪について話していました。

 マエストロはうちの家づくりに協力してくれている人ですが、
私たちにとって、先住民文化、動物の扱い方、そして薬用植物について
よぉ~くご存じの頼もしい隣人さんです。

 マエストロんちで、お子さん方が風邪をひいた時あげるのは、
エルダーベリー(和名はニワトコらしいけれど、初めて聞いた)の
お茶。それにレモンとハチミツを入れたものをあげるそうです。

画像

↑エルダーベリーの花。さわやかな匂い。

画像

↑エルダーベリーの木。木は防風や益虫集めに。
スペイン語でティロといいます。

 あー、そういえば咳にいいってよく言うし、しかも一時
よく飲んでたし、しかもこのブログのどこかに書いていたのに、
なぜだかすっかり忘れていました。

 しかもお隣さんから、なんとエルダーベリーは、N1H1型
インフルエンザに効くとまで聞きました。(まぁ聞いた話なので
どれほど信憑性があるかはわかりませんが、とにかく気管支系に
いいというふうに解釈しています。)

 さっそく、エルダーベリーの花を持ってきて、沸かしたお湯に
浸して、飲みました。私が必死で飲み下した他のシロップよりも
はるかに飲みやすく、うーん、子ども向きかもと思いました。
娘ムユも抵抗なく、すんなり飲んでいます。

画像

↑エルダーベリーをお湯に浸す。ハーブティーに
よくある微妙な匂いがない。

 それからそれいただきっ!と思ったのは、アヒ(トウガラシ)の
葉っぱを温めて、のどに巻くと、のどが開いて、楽になるそうです。
ムユ、風邪をひくと、夜中になると、いっつものどに痰が絡んで、
息ができなくなり、大きな咳を連発して、パニックになって泣くと
いうパターン。まさにそんなときにスゴークいいかも。

 さすがマエストロです。

 それにしても、見渡せば、本当になんでもあるって感じ。
こういう豊かさって、本当にうれしい
これからも、あるもの探ししていこう、使っていこう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

まゆ
2010年01月29日 15:21
あやさんもひいちゃったんですね(>0<;)

風邪を治す方法ひとつとってもいろんな工夫がありますね、、、ほんとに最初に考えついた人はすごい!!自然とともに生きていく中で試行錯誤して生まれたんだろうな…それが偶然だったとしてもそれにつながるまでがあってこその奇跡ですね。
あやさんの工夫も何年後かには世界中にひろがってるかもですね!!

早く元気になってください☆

この記事へのトラックバック