うちの風邪対処法 II

 娘ムユが風邪をひいたと思ったら、今度は私が~。
(ムユ→私というのが、いつものパターン。)

 今のところ、熱はないですが、私の弱いポイントは鼻。
今、鼻の穴が両方とも塞がっていて、とっても息がしにくいのです。
しかも塞がっているくせに、ハナはタレるという最悪の状態です。

 さらに私はアレルギー性鼻炎でもあり、埃やある種の植物、
動物の毛などにも同様の反応をし、さらに結膜炎で目は真っ赤になり、
鼻はタレっぱなしOR詰まりっぱなしになります。これには、本当に
小さい頃から悩まされています。根本的に治したいと思い、
断食をやりたいのですが、今に至るまでちゃんとした断食は
したことがなく。

 とりあえずそれはおいておいて、もうにっちもさっちもいかなくなったときに
やるのが、「ユーカリエステ」と私が呼んでいるもの。

 ユーカリには、風邪や花粉症などによる鼻づまりを解消し、風邪や
喘息などの気管の炎症を鎮める効果があるそうなのです。
殺菌力もあるので、お掃除、洗濯にも。さらにちょっと余談ですが、
友人は、おしめを洗うときに、ユーカリのオイルをちょっと垂らしていました。

 そこらへんに生えているユーカリの木の若い芽を摘んできて、
大なべで煮出します。その湯気の上に顔を置いて、上から
タオルを被る。その蒸気を吸う。

画像


 鼻の通りは劇的にはよくなりませんが、とりあえず落ち着くし、
副作用というか、副効果で、顔の肌はつるつるもっちもちに。
これはユーカリのせいなのか、湯気のせいなのかよくわかりませんが、
とにかく効果あり。

 でも、これ、煮出したばっかりのは超熱いので、少し落ち着かせて
からの方がよさそうです。

 湯気を鼻から吸うようにして、口から出す。鼻の奥が熱くって、
大変ですが、我慢して20分くらい続けると効果があるような
気がします。

 ちなみにムユにはこれは無理なので、ユーカリのポマードを
胸にすり込んだりします。オイルもありますが、高い(らしい。
もらったのでよくわからない)ので、使い惜しみしていますが、
ユーカリの葉っぱを取ってくるよりは、楽ちんかも。これ、眠るときに
枕に数滴たらしても、効果があるようです。

 エクアドルのユーカリは外来種で、地中の水分や養分を
すべて吸い取ってしまうし、根は地中10mくらい伸びるので、
他の植物との共生ができず、在来種の植物を根絶してしまいます。
畑にするにも、ユーカリの殺菌能力や、深くまで入っている根っこの
せいで、開墾して、作物を育てることは大変難しいです。
木材のために原生林伐採の後に「植林をする」と言っても、
ユーカリの木を植林するのでは、環境的に言うと、褒められたことでは
ありません。(こういうプロジェクトがたくさんある)
とはいうものの、すでにあるものは有効利用しようと思っています。

 自然のものを使うとき感じるのは、「治る」というよりも、症状を
「緩和する」感じ。だから劇的に治るというわけではない。でも、
そうすることで、化学的に病気を抑え込むのではなく、少しずつ
ゆっくり自分の身体性や耐性を高めていくことができるのだと思います。
さらに、こうやって、こういう身の回りにある自然のものを上手に
使っていけば、あんまり医療費もかからないし、ゴミも出ないというもの。
うしし。

 とにかく今は、ひき始めの風邪を悪化させないこと!!
そのために、ハチミツダイコン、しょうが亜麻仁湯、プロポリス
(これ前回に書きませんでしたが、これもよく使います)で、
すさまじい味だろうと、がんばって飲み下します!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック