動物園

 前前からムユと一緒に行きたいなと思っていた場所が
あります。それは動物園。10月の末に行ってきました。

 うちからキトへ行く道筋にあるのですが、動物園に行くためだけに
行く気にならず、しかし今回は夜中にキトにいないといけなかったので、
朝遅めに家を出て、動物園に寄ってから、キトへ行こうということに
なりました。

 入場料の高さにビビりつつ、平日だったので、ほとんど
誰もおらず、わくわくしながら入りました。ムユはもちろん、エクトルに
とっても、初めての動物園。

 入ってまず見たのは、リスザルさん。それからエクアドルらしい、
リクガメさん。ムユは、はじめなんだかわからなかったみたい。

画像


 それからアンデスメガネグマ。同じ行動を繰り返していて、
ああ、クマってそうだったなと思い出したり。

画像


 森の王者ジャガー。まだまだアマゾンの森には生息しています。
しかし、このヒトのおならは臭かった。

画像


 テナガサル。子どもたちが走り回って、遊び倒していたり、母ザル
らしくサルが、子どもサルのシラミを取ってあげていたり、と
なんだか心温まる風景でした。
 でも、ムユに「まま、もうしゃしんとらないでっ(日本語)」と
怒られました。

画像


 その他、コンドル、オウム、イノシシ、バク、カエル、アライグマ、
リス、ヘビ、ナマケモノ、フクロウ、リャマ、クイ、牛、ウサギ
(この辺はうちや近所にいるものが多く、つまらないと言えば
つまらないのですが、でも妙に親近感がありました。)

 基本的には、南アメリカに生息している動物のみ、ということで、
いわゆる日本の動物園で見る、キリンとかゾウはいません。ですが、
ライオンのみ、飼育しているということでした。でもダレてました。

画像


 最後の方で、この動物園のビデオショーをみました。この動物園は
キト市によって運営されています。なんとなく押しつけがましい宣伝
ばかり、と思わないでもなかったですが、印象的だったのは、
絶滅危惧種を守っているという話。もう自然環境では繁殖できない動物
や鳥類を、あるいは、迷子になってしまった子どもを保護して、
飼育しているとのこと。それらの動物は、でも、もう自然に帰ることは
できません。絶滅してしまったら、もう二度と戻らないから、
そういう環境にしてしまっている人間としてできることをする。それも
そうだなと思いつつ、生きられないものをそうして生かすことに対して
うっすら抵抗感を感じた私でした。
 
 最後は、乾燥地帯散策。この動物園があるところは、もろガレキ砂漠
という感じのところで、自然に生えている植物は、基本的にサボテン
みたいなもののみ。やたら長いその散策を終えて、動物園を
後にしました。

画像


 ちなみに、今気が付きましたが、もうこれでブログ100回目に
なりました。未来への自分やムユのプレゼントと思って書いていますが、
単純に皆さんにも読んでいただけて嬉しいです。だらだらと長い文を
呼んでくださって、ありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

まゆ
2009年12月01日 20:15
お久しぶりです。まゆみです!!
動物園、とうとう行ったんですね☆
私は今福岡のアイス屋さんでバイトしながら動物の仕事をさがしています。
ムユ、また大きくなった気がします♪エクトルもあやさんもムユも(あやさんはうつってませんが)元気そうでうれしいです!100回記念おめでとうございます★

この記事へのトラックバック