ニワトリさん物語③ ~新たな試み~

 しばらくニワトリがいない生活が続きましたが、
改めて、思いました。鶏を飼おう。

 以前ちょろっと書きましたが、今度の鶏舎は二つ。

 というのは、苗床の上を犬たちが走り回って、
せっかく芽を出した苗たちをダメにしてしまうので、
柵が必要だったのです。と言っても、苗床だけの
ために柵を作るのはNG。ここは是が非でも、
何か他の機能も持たせたいわけです。

 そこで鶏舎を二つ作り、ひとつは鶏さんたちに
引っ掻いて雑草を取り除き、土を柔らかくし、
糞をして土を肥やし、とにかくやりたい放題してもらう。
半年経ったら、もう一方に移ってもらい、空いた方を苗床にする。
そうすることで、鶏がたっぷり引っ掻きまわし、
糞をしたところに種を播き、それを栄養分として利用して、
苗を育てることができるわけです。たとえ卵を産まなくても、
いてくれるだけでOKという状況を作りたいという気持ちが
ありました。

 これはチキン・トラクターから得たアイディアです。
ニワトリを自然に行動させ、適正なところにはなしておけば、
鶏にたくさんの「仕事」をさせることができるわけです。

画像

↑今回は、犬に囲いを破られないように、竹を割いて柵に。

 土曜のアニマルマーケットで(朝5時に出動。私はもちろん
留守番)買ってきた雛たち。当時いたボランティアの
まゆちゃんも一緒に行ってくれました。

画像

↑ヒヨコと聞いて、ベッドから跳ね起きたムユ。ゆえにパジャマのまま。

 この新しい鶏舎で、見つけた仲間。↓

画像


 しかし、慣れない場所のせいか、寒さのせいか、
今現在、半分以下の、9羽しか生き残っていません。

 寒さをしのげるように、なおかつそのうちニワトリさんたちが
卵を産む場所になるように、なおかつ、まだ作り途中
ですが、雨水(苗床にやる水用)をキャッチできるような家を
作りました。卵も、鶏舎に入らずに採れるようになっています。

画像


 まだ先のことだけれど、うまい具合にまわっていけば
と思います。

>>続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ニワトリさん物語② ~ニワトリさん&アヒルさん~

    Excerpt:  ニワトリさんたちがいた場所に、作物を植えるので、 移動することに。移動した先は、壁沿いの、木が林立している 雑草がたくさん生えているところ。ここで工夫したのは、 農園内を流れる灌漑用水路を鶏舎.. Weblog: El Diario de Kurikindi racked: 2009-09-08 13:09