El Diario de Kurikindi

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと大変!

<<   作成日時 : 2011/12/19 00:09   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 前から言っていますが。

 ワタクシ、大の海産物(特に魚卵)好き。

 小さい頃から一番の好物は、たらこ。

 「たらこひとつぶ、ひゃくまんえーん」などといいながら、
小さい頃は、ご飯もりもり、たらこちびちび食べていたものでした。

 でも、環境問題(という言葉は好きじゃないのだけれど。
だって、環境問題っていう分野じゃないでしょ?全部の
分野に関わってくる問題ですよね???)に
触れるようになって、日本人の海産物の消費量や乱獲
(でないものもあると思うけれど)におののき、
そりゃ卵を袋ごとがつんとがばがば食えば、魚の数は減るわよねと納得し、
ここ数年、母が一回、たらこ好きの私を思い、瓶詰めを
持ってきてくれたのをのぞいて、口にしていません。

 強調しますが、シーフードは大好き。
でも、たまにちょこっとしか食べられないのと、
今食いまくって、あとで全然食べられなくなるのだったら、
やっぱり、前者をとります。そしてきっと事態は、
シーフードが食べられる食べられないとかじゃないほど
深刻な方向へ行っていると思ってマス。

 でも、何かでいくら丼やら、なんとかのたらこ和えとか、
明太スパとか、数の子とか、そういう文字を見るたびに生唾ごっくん。
体は正直です。

 なんとなくネットで、ベジタリアン料理を眺めていたら、
あったお料理に目が釘付けになりました。

「アマランサスのたらこ風」

 アマランサスというのは、アンデス原産の穀物です。

画像

↑かなり小さい粒。

 紀元前5千年から栽培されており、先住民の人にとっては、
トウモロコシや豆と同じくらい重要度の高い作物だったそうです。
カルシウム、鉄分、そしてアミノ酸が豊富で、
たとえば慢性的な痛み、リウマチ、関節痛、外傷などの
鎮痛効果があるアミノ酸やら、
脂肪の分解を助けたり、毒性を持った物質や、活性酸素から
体を守るといった働きのあるアミノ酸やら、
体の組織を修復したり、細菌やウイルスに対する抗体、
ホルモン、酵素をつくるなどの機能を持っているアミノ酸やら
てんこもり。

 確かにスーパーフード。

 現在の現地の人(エクアドルの先住民)はさて、どんなふうに
食べているかというと、なんと!せいぜいが若芽をゆでて食べるくらい。
(でもこの芽には、すごいタンパク質とカルシウムが
含まれているそう。)
一説によると、スペイン人が侵入してきたときに、
現地の人たちが食べる分まで根こそぎ持っていってしまい、
その食文化がなくなってしまったのだとか。
だから、その辺に生えているのに、あまり誰も食べません。
でも、最近その見直しが進められていて、雷おこしみたいな
かりかりの甘いお菓子とか、すった粉を使ったケーキだとかを
先住民系のイベントで見かけるようになりました。

 乾煎りすると、ちっちゃいポップコーンのようにはじけ、
さくさくおいしいので、お菓子やグラノーラに入れたり、
少し煎るだけにしてパンに入れてつぶつぶ感を楽しんだり、
粉はパン、ケーキとか、適当に入れて、私はよく使っています。

 しかし、しかし、たらこって?!だって穀物よ?!

 しかも、昆布だしでゆでて、しょうゆで味付け。

 それだけ。

 油なし。乳製品なし。手間なし。

 すごい…。

 でも同時に絶対そんなふうにはならないだろうと疑いつつ、
チャレンジしてみました。

画像

↑before

画像

↑after

 途中で味見してみたら、少し固かったので、煮汁が
なくなるまで火を通してみました。

 この味は、まさか、もしや、信じがたいが、確かにたらこに近い…。

 いや、たらこより、もっとプチプチがはっきりしているので、
数の子をほぐしたのみたい。
うちでは黒いのも採れるから、キャビアもできちゃう?!

 すごい…。あまりに驚いたので、「…」になってしまう。

画像


 ここ数年で、一番びっくりしたベジタリアン料理です。
しかもビーガンだよ、おいおい!
しかもここら辺の食材だよ!
すっげー!(←だんだん興奮してきた。)

 隣に本物のたらこがあったら、間違えはもちろんしませんし、
どっちがおいしいって言ったら、多分やっぱりたらこ。
でもでも、私はこれで大満足です。だって、結局どうがんばっても、
たらこは自分では手に入れられないし、環境に負荷を
与えないで、おいしく食べられるんですもの。
どんなものでも、絶対ダメってなるとつらい。
でもだからって、何にもしなけりゃ結局取り返しのつかないことに
なってしまう。だから、自分にできる範囲で、少しずつ減らしたり、
オルタナティブを探したりするスタンスが好きです。

 またひとつエクアドルでの食が豊かになりました。

 そしてこのヒトの食べっぷりを見てたら、嬉しくなりました。
ほんとのたらこの味はまだ知らないけれど、おいしくごはんを
食べてくれるのは嬉しいです。(というかこの時点では
まだ味見しているときで、ごはん炊けてなかったんだけど、
味見させたら、くれくれとせがむので、しょうがなく
アマランサスだけで…。)

画像

↑つぶつぶだらけ。きっと消化できないだろう…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい!アマランサスからたらこだったら、アマランサスから明太子でもできるはず。。。。
茨城のエリック
2011/12/19 09:13
茨城のエリックさん

 またまたコメントありがとうございます!めんたいこもぜひチャレンジしたいです。ちょっととうがらし入れるだけでいいのかしら。少しねっとり感も出したいですね。欲張りになってきちゃいます。あー、パスタもできるなぁ。しかし穀物on穀物のパスタ…。
ワダアヤ
2011/12/19 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと大変! El Diario de Kurikindi/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる