El Diario de Kurikindi

アクセスカウンタ

zoom RSS ソーラーフードドライヤー大活躍

<<   作成日時 : 2011/12/05 01:04   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 野菜が売れないとき。

 それは悲しいのですが、でも食べられるし、誰かにお裾分けできるし、
保存食を作ることもできるし、それでもどうにもならないときは
動物にあげたり、肥料を作ったり、最終的には土に還すことができるので、
悲しいし、お金にはならないけれど、でも絶対に無駄にはならないので、
前向きに考えることができます。(昔NYで、Tシャツ売りをしていた
方は、あまりに売れず、Tシャツの入った段ボールをベッドにして
寝ていたそうです。少なくともそういうはめにはなりません。)

 その保存食を作るにあたって、大活躍するのが、ソーラードライヤー
もう最近はなんでもかんでもこれに放り込んで、乾燥させちゃってます。
棚が足らないくらいです。

 今採れすぎるくらい採れているのがハーブ類。

画像


画像


 バジルのペストも作り飽きたし(&パルメザンチーズとひまわりの種も
オリーブオイルもお高いし)、シャンツァイ(パクチー)なんて、
こんなにあってもどうしたらいいものやら。
そういうヒトビトは全部ソーラードライヤーへ投入。

 さらに今週売れなかった、ポロネギやラディッシュも、えいっ。
これらは、からからになったら、すります。

画像

↑その前の週も採れ過ぎて、飴色タマネギならぬ、飴色ポロネギを
作ってみたが、半日以上かかり、へとへとに。
カレーに入れたらおいしかったのですが、それにしてもこの手間…。
まぁ、10リットルなべにいっぱいいっぱいだから、量が
半端じゃなかったというのはあるのですが。

画像

↑隅っこの柑橘類の皮は、カルロス家からいただいた
オレンジ。こういうことはオーガニックじゃなかったら
できません。なんか農薬を濃縮しているみたいで。

画像

↑長女ムユがラディッシュを全部切ってくれました。

画像

↑こんな感じで、ぎゅうぎゅう。

 そしてこれは、前に入れていた分です。

画像

↑左から、ソニャからもらったみかんの皮、バジル、パセリ、パセリやら
セロリやらシャンツァイやらの茎(いつかウスターソース作りに!)、
シャンツァイ、とうがらし。
切り干し大根もあったのに、並べ忘れたっ!

 まぁぶっちゃけ言うと、これだけのドライハーブ全部使い切るのは
遠い未来でしょう。でも、ソースとかペーストとかよりも圧倒的に
手間が少ないのは大きなポイント。嵩も減るので、それも
助かります。

 それにしても、いつも保存食を作るときに思うのですが、
おそらく、大昔から農家の方にとっては、採れた野菜を
いかにして栄養価をそのままに、あるいは増やして、
最後までおいしく食べ、また1年間持たせるかということは
最重要テーマで、何世代にもわたって、さんざん知恵をしぼって
試行錯誤してこられたと思うのです。

 今みたいにお手軽にネットでレシピが探せるわけでも、
材料や調味料、調理器具、エネルギー(ガスとか)も気軽に
手に入るわけでもない。

 限られたものの中で、人間は、自然の恩恵と猛威を享受しつつ
知恵を駆使して生き延びてきた。

 だからこそ、世界各国に、今日の味も栄養価も保存も美しさも
環境への影響も考え抜かれた伝統保存食がある。

 そういう先達の創造性と想像力と努力とたくましさに
敬意を表します。

 ムユ:「まま、これ、ぜんぶどうするの?」
画像

いつか使うんだよ、いつか…。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソーラーフードドライヤー大活躍 El Diario de Kurikindi/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる