El Diario de Kurikindi

アクセスカウンタ

zoom RSS 乳製品革命

<<   作成日時 : 2011/09/07 23:28   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

 つい最近のこと。

 私は元々アレルギー性鼻炎なのですが、最近気づいたことがあります。

 認めたくないけど、もしや、もしや、私は牛乳アレルギーなのでは?!
ということ。

 大昔、耳鼻科で検査したら、ホコリ、ダニ、ブタクサ、ネコを
はじめとする動物の毛にアレルギー反応が起こるという結果が
出ていましたが、「牛乳」とはまったく言われず。

 でも最近、かれこれあれから20年以上たちましたが(まさか)、
自分の体の声を聴くようにして注意している(つもりな)
のですが、牛乳を飲んだとき(カフェオレとかにして)、
嵐のようなくしゃみと目のかゆみに襲われることに気がついたのです。

 でも、牛乳をストレートで飲むことはほとんどないけれど、
なんだかんだ言って、チーズやらクリームチーズやらバターやら、
あるいはホワイトソースやら、乳製品はけっこう食べています。
でもそんな嵐のようなくしゃみは出ない。目もかゆくならない。
もともと鼻は常につまっているので、そんなに気にもならない。
それに大好きだし…。発酵食品だからかな。
(うちに来ていたボランティアさんのステファン曰く、
70%の人は、牛乳に対する耐性がないそう。乳製品はまた別。)

 でも、牛乳飲んであんなひどいことになるんなら、
乳製品だって結局同じだし、牛のお乳を人間が飲むということも
やっぱり変なんだろうし、牛の生育環境とか、
牛を育てるために森林が伐採されることとか考えちゃうとな…と、
後ろ髪を引かれつつ、なんとなく、乳製品はやめた方がいいな…
という方向に消極的に行きつつありました。

 しかし、ほとんどベジタリアンごはんのうちで乳製品を
ぬいてしまうと、かなりしょぼ〜くなってしまいます。
私の料理の腕では、&ここで手に入る食品内では、
子どもや男の人を喜ばせるようなビーガンフードは毎日は作れない。
そしてみんな、乳製品が大好きときてます。これは断つのはいかに
健康上、環境上、倫理上、社会上よくても…、う〜む。

 そんなときにうちに来ているボランティアさん、アナが
持ってきたのは、ケフィールという、20種類以上もの乳酸菌
&酵母が入ったヨーグルトに似た飲み物。

 噂には聞いたことがあったのですが、実物は初めて。
彼女は週に3回、うちの近所の人から牛のお乳を買って、
ケフィールで、ヨーグルトのようなものを作って、
毎日食べています。腸に必要な菌数が少ないので、
これを食べていないとすぐおなかを壊すのだとか。
興味津々で、一口もらうと、まるでヨーグルト。

 でもヨーグルトと違うところは、複数の乳酸菌&酵母が
生きていて、ヨーグルトの乳酸菌の多くは、腸に届く前に
死んでしまうけれど、これはちゃんと腸にまで届くのだとか。
次女サチャがほしがったので、一口あげたら、
これが大変。体を乗り出して食べようとします。

 アナが「いっぱいキノコが増えたから」とケフィールたね菌
をくれました。ということで、私もチャレンジ。
ちなみにケフィールに関する日本語のサイトを見たところ、
雑菌が入るから株分けはダメと書いてあるものばかり。
でもアナは、「そうやって昔から受け継がれたものが
今ここにあるのに!」と憤っていました。
確かにケフィールの乳酸菌には除菌効果があり、ある実験結果を
見ると、なんと大腸菌まで殺菌されたというほどですから、
雑菌が入るからダメというのは、ナンセンスかも。

 私がこれをやってみようと思った最大の理由は、簡単だということ。
ヨーグルトだと、温度の調節が難しいですが、これは、常温で
ケフィールたね菌と牛乳を混ぜておくだけ。それで、1日か
2日目には、ちょっとソリッドな「チチヤスヨーグルト」の
ような感じのケフィールが出来上がります。

画像

↑できたて。牛乳を入れておいて、常温においてただけで!
ただ既に上の部分すくっちゃったので、ちょっと感じは
違います。

画像

↑こして、たね菌を取り出す。

画像


画像

↑これがたね菌!!!興奮して二枚も。(でも実はこれ自体が
菌なのではなくて、ここが菌が住む巣のようなものだとか。)
これに、買ってきた牛乳を煮沸させて、冷ましたものを
瓶に入れるだけ。
(ちなみに低温殺菌したいのですが、低温殺菌では、
ちゃんと殺菌されず、いつもチーズみたいになっちゃいます。)

画像

↑こすと「チチヤスヨーグルト」感がなくなるのがちょい残念。
でもおいしいし、フレッシュだし、出所わかってるし、
変な添加物も入っていない。サチャも大好き。

 そしてすばらしいのは、これからクリームチーズが
できちゃうこと!うちはとにかくクリームチーズの消費量が多い。
250gで1ドル50セントくらいですが、これが1週間もたずに
消えます。牛乳1リットルが50セントですから、同じくらいの量が、
三分の一の値段でできちゃう。今はご近所さんにお乳の出る
雌牛がいるので、そこで買えるので、地域の経済活性化にも◎!
(って50セントで…?)

画像

↑水切りしてるところ。昔、にらいくんが作ってくれた
コーヒーフィルターを置く木が大活躍!!!

画像

↑水切り後。これにお塩を入れて出来上がり。

画像

↑瓶詰めすると雰囲気が出ます!
…が、スタイリング能力のない私がやってもいまいち…。

 味も、市販のものよりも味も深い感じで、舌触りも
ふんわりなめらかで(水切りが足らないという噂も?)、
まったく遜色ないおいしさです。うちのパートナーのエクトルも
「また始まった…」という顔をしながら半信半疑で味見してましたが、
おいしいと言ってました。

 そしてそして、ケフィールは、乳製品に対する耐性も
つけてくれちゃうのだとか。牛乳を飲めるようになることが、
最終的にいいのか悪いのかはまだ微妙ですが、でも鼻炎が
軽くなることは大歓迎。

 と、かなり興奮気味。これからどんどん作っちゃおう!

 あ、乳製品革命と言えば(って自分で言ってます)、バター。
最近、バターも作り始めました。サリナスというところで作っている
バターを買っていたのですが、いつも手に入るわけではない。
で、娘の誕生日のケーキに使った生クリームにも、かなり
強いアレルギー反応が出ました。鼻ぐしゅぐしゅ、目かいかい。
それで、余ったひとパック、どうしようか悩んでいたとき、
あ、バターを作ってみようと思い立ちました。
ミキサーでがーっとやってみたらば、あらあら、水分と油分が
分離し始めました。

画像


 この水分を切ったら出来上がり。あとで知りましたが、
この水分、「バターミルク」と呼ばれるもので、
お菓子作りに使えるらしいです。捨てたことが悔やまれます。
やっぱりできたてはフレッシュでおいしい。
なぜか、アレルギー攻撃もない。
今度はぜひ発酵バターにチャレンジしたいです。

 こうして、何が入っているのか、どこが産地なのかよくわからない
既製品を買うことから、自分で作れる、あるいは近場で手に入る
原材料から自分で作ることにシフトできた瞬間の喜びというか、
「やった!」という感覚は、本当にくせになります。
ゴミが出ないというのも嬉しいポイントですね。

 まだうちの仔牛ちゃんがミルクを出すまでには時間が
かかりますが、手作りできるものがまた増えて
うれしいでっす。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン サングラス
乳製品革命 El Diario de Kurikindi/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/05 16:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いいないいな!うちの母がもうずっとこのヨーグルトを愛飲していて、ないと体調を崩すというので、エクアドルにも種を持ってきたのだけれど、上手くいかなかったのよねぇ。
日本では、高温殺菌牛乳はダメで、低温殺菌牛乳をわざわざ買って使っていたのだけれど、エクアドルで作る場合は殺菌しないと失敗しちゃうのかな?新発見!

うちの夫も娘も牛乳アレルギー持ちです。日本にいた頃は豆乳しか飲んでませんでした。でも不思議と、日本の牛乳ではちょっと飲んだだけでもかゆくなっちゃう娘が、エクアドルの牛乳だとある程度まで大丈夫なの。エサかな?

クリームチーズもバターもナイス♪おいしそう〜。
ノア
2011/09/08 07:02
ノアさん

 読んでくださってありがとうございます!
 たね菌が増えたら、お分けしますよ〜。ちなみにこのたね菌は、このボランティアさんもエクアドルでもらったものだとか。お母様が持っていらしたのは、エクアドルの風土に合わなかったのでしょうか。
 あ、でも低温殺菌がダメというのは、このケフィールは関係なくて、私がする低温殺菌のやり方がおそらくダメで、だから普通に使う前にチーズっぽく分離しちゃうという話デス。
ワダアヤ
2011/09/08 10:35
すごいね、これ。一気に読んだよ。
アレルギーってさ、体から一度毒素を抜かないと、敏感に反応しないところもある気がする。かえって、何も気にせずに無茶な食事してる時の方が気にならない。体調の悪い状態に自分もなれてしまうんだよね。だから、食事に気を使いだしてからの方がずっと敏感になって大変。でも、体って本来そうあるべきなんだよね〜。
そうそう、布ナプも少しづつ初めてみたよ。
ミナコ
2011/09/13 12:33
ミナちゃんへ

 コメントどうもありがとう!
 アレルギー反応が面倒で、以前は体弱いのかなと思っていましたが、でもそれは体がNOというサインを出している証拠、つまり体が体を守ろうとしているセンサーが動いているからといわれ、考え方が変わりました。とは言っても、度を越すと、生きていくのが大変になっちゃうので、明らかに体によくないものは食事からなくしつつ、と同時に、卵、大豆、や小麦など食事から排除するのは難しいもの&おいしいものへの耐性はつけたいものです。
 でも、この世の中いっぱいいっぱい情報がありすぎて、私なんか特にそうなんだけれど、情報に振り回されがちなので、自分の体と状況と懐具合といろいろ相談して、ゆっくりマイペースでやりたいと思います。情報に振り回されてあっぷあっぷになったり、きーってなったり、無い物ねだりにならないように気をつけないと!(ケフィールもネット見ていると書いてあることいろいろで…。)
 あ、布ナプはどう?これもネット見てるといろいろデザインあるよね〜。
ワダアヤ
2011/09/14 00:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
乳製品革命 El Diario de Kurikindi/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる